ギャラ飲みとは?!キャバクラ、ラウンジ要らず!誰でも簡単に稼げる手段!

テレビや雑誌を代表とするマスメディアに最近取り上げられるようになったギャラ飲み。
これまで芸能界の裏側で数多く開催されていたのだそうですが、ギャラ飲みとは一体どういったものなのでしょうか?
最近のギャラのみについて、誰がどんな人を呼んで何をするのか、誰でもできるのか、参加する方法はあるのかをご紹介していきます。

”ギャラ飲み”って?

”ギャラ飲み”とは、飲み会に来てくれた謝礼としてお金がもらえる飲み会のことですが、
飲み会に参加するとタクシー代がもらえる”タク飲み”と表現されることもあります。意味としては同じです。
飲み会に参加するだけで高額かせげると、都内の若い女性から注目を集めています。

ギャラ飲みは元々はアイドル会の裏ビジネス。

元々はアイドル業界の裏ビジネスとして”ギャラ飲み”が開催されており、
お金のないアイドルの卵が業界人の飲み会に参加することで、コネを作ったりお小遣いを稼いだりしていました。
芸能人だと1時間2万〜3万円もらえて、中には2時間で30万円以上もらえる高額なギャラ飲みも存在するそうです。
ギャラ飲みを開催している人によると、モーニング娘。の矢口クラスだと50万円はくだらないとのことでした。

ギャラ飲みがなんで人気に?

最近、アイドル業界から港区女子へ、港区女子から普通の女子大生やOLへと徐々に広がってきました。
認識としてはアルバイトの延長線上にあるものといった認識で、一緒にお酒を飲むだけでお小遣いが稼げる手段だと、
飲み会好きな女性やお金がもっと欲しいOLや女子大生の間で口コミが起こったことで注目を集めるようになりました。。

実際にギャラ飲みをしている女子大生達にに実際聞いてみると、お金とコネをつくる目的で利用しているとのことでした。

ギャラ飲みっていくらぐらいもらえてるの?

芸能人だと2~3万、最近だと港区女性を代表に一般人でも1万円もらえるようです。
近くに住んでいるのに遠方に住んでると嘘をついてタクシー代として2~3万円をもらう強者もいるそうです。

ギャラ飲みにはどんな男性が参加するの?

主に利用しているのはお金持ちの経営者や業界人、広告代理店の営業や企業の部長クラスの40歳前後~50代の方々です。
業界人や広告代理店の営業は若くても接待に若い女の子を呼ぶことも大切なお仕事なので、同じ飲み会に居合わせた場合は
連絡先を交換するとまた呼んでもらえる可能性が高いです。

注意すべきなのは、ギャラ下さいと直接お願いするのではなく、お金を払いたくなるようなおねだりができないとギャラをいただけないという点です。何も言わないでギャラをくれる太っ腹な男性もいますが、「終電なくなるので帰らないと。。。」、「家が遠いんで、もうそろそろ。。。」等男性が「じゃあこれタク代(ギャラ)につかって!」と言いたくなるようにうまくおねだりできるようにしましょう。

ギャラ飲みはどこで開催されるの?

最近では都内の新宿、恵比寿、恵比寿、または大阪などでも開催されるようになってきましたが、回数が圧倒的に多いのは港区の西麻布・六本木周辺です。その理由は、もともと業界人との飲みが多くタクシーで帰る文化が港区では根強いからです。

ギャラ飲みには誰でも参加できるの?

まだまだ港区女子を中心にギャラ飲みに参加していますが、誰でも参加できるように様々なサービスがリリースされています。

ちなみに、誰でも参加はできますが、継続的に呼ばれる人には特徴があるようです。

    ①盛り上げ上手
    ②場の空気が読める
    ③時間を守る
    ④お酒が飲める
    ⑤容姿が素敵

ギャラ飲みの初心者からベテランまで!みんなが使いやすいギャラ飲みアプリ「Pato」

ギャラ飲み・パパ活
メリットは様々で、ギャラ飲み界隈では話題になっています!

①審査制・顔出しなし
②参加男性は経営者・富裕層
③運営と相談できる
④友達と暇なときに参加できる

パッと暇な時に出会えて、
一緒にいる時間の長さに応じて、アプリの中でお金を受け取れる安心設計!
現金やりとりがなく、もらいっぱくれがないことも安心ですね!

月に100万円以上稼ぐ女性も出てきているようで、
初めてな人が始める場合でも、ベテランな女性もっと稼ぎたい場合にでも使えそうなアプリです!
ギャラ飲み・パパ活に少しでも興味があれば必見なアプリです!

ギャラ飲みに参加する際に気をつけることは?

Patoだとアプリ内でお金のやりとりができるのでギャラのもらいそびれはなさそうですが、
実際に会っているときにおねだりしすぎないことですね。
このアプリでは”Patoレッスン”というお食事や飲み会で気をつけておくべきことのノウハウもまとめているので
初心者にも安心してギャラ飲みを始められるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする