主婦(既婚者)でもパパ活できる?主婦でもパパ活で稼ぐ方法とは?

パパ活は援助交際や売春とは違うという当事者たちの意識が高く、誰にでも出来そうと言う印象を与えています。

最近は女子大生やOLに加えてシングルマザー、その上にアラサーやアラフォーの独身女性も加わって、パパ活市場はかなりの盛況を呈しています。

お金が欲しい主婦の間でも話題となっています。

男性側から見ると選ぶ選択肢が増えるのは良いことですが、主婦の人には家庭がある、子供がいる、旦那さんに負い目があるなど、主婦ならではのリスクやデメリットがあるのも確かです。

今回は主婦のパパ活に関して色々と考えてみたいと思います。

主婦でもパパ活はできるの?

率直に言って主婦がパパを持つことは不可能なことではありません。

それどころか最近は高望みしない条件でパパを持つ既婚者の女性が増えています。
不倫とは少し次元の違う男女の付き合いとなるパパ活は、主婦の人が気軽に手を出しやすいからです。
ご飯だけ、デートだけ、買い物に付き合うだけなら罪悪感も少なく、それでいて財布も潤うとなればパパというのは主婦にとってはありがたい存在と言えます。

しかし、自分が不倫ではないと思っていても周りはそうとは認めてくれないのも事実です。
当然、旦那さんにバレれば夫婦喧嘩や家庭内別居、最悪の場合は修羅場からの離婚へと発展するのは覚悟しなければならないでしょう。

このように主婦のパパ活は独身の女性がやるよりも大きなリスクを背負っていることを、前もって自覚しておく必要があります。

主婦がパパ活をするときの強み


リスクがあってもパパ活をやりたいと覚悟を決めた人はパパ活に挑戦されると思いますが、そのときに主婦には男性が喜ぶ若い未婚の女性にはない武器があります。

ここではその主婦が持つ魅力について見ていきたいと思います。

落ち着いた大人の雰囲気がある

なんと言っても既婚者独特の落ち着きは男性にとっては大きな魅力のひとつです。

少し高級なお店に入ってもその場に馴染む雰囲気を醸し出してくれたり、場所や時間帯、状態に応じて言葉遣いや服装などを合わせてくれるのは若い女性にはない大人の女性の魅力と言えます。
男性に安心感を与えられるのは既婚者女性たる主婦がもっとも得意とするところではないでしょうか。

マナーや一般常識がある

若い女性とカラオケルームやスポーツバー、ダーツバーなどに行って大騒ぎして楽しく食べたり飲んだりするのも男性にとっては楽しいデートではありますが、男性には大人の雰囲気のショットバーやダイニングバーで静かに二人だけで飲みたい夜もあるものです。

こんなときは既婚女性が出せる大人の雰囲気や色気が良く似合います。
女性は若さも大きな武器ですが大人の色気も大きな武器なのです。

男性から見れば主婦が相手なら、食事のマナーやお酒を飲んでも悪酔いしないなどの最低限のルールをしっかり守ってくれたり、甘えたりねだったりするときでも場所やタイミングを考えてくれるという大人な対応が期待できます。

男性が甘えることのできる母性

パパ活に応じる男性が最も求めるものは、やはり癒しです。

家庭や会社、仕事から切り離された空間でゆっくりと休みたいと考えたとき、そばに居て欲しいのは膝枕や会話を上手に聞いてくれて、心も体も癒してくれる母性豊かな女性です。
独身女性でも母性豊かな人はいますが、子育て経験のある女性や家庭を持つ女性は男性の癒し方を数多く経験しています。

これがパパ活男性が求める癒しと一致するため、男性を上手に癒す主婦の人にもパパ活の需要が発生しているのです。

主婦がパパ活をするリスク

パパ活している主婦の需要に関してお話ししたあとは、逆に主婦のパパ活が抱えるリスクについて具体的に考えてみましょう。

既婚者主婦の場合

既婚者主婦がパパ活を行う場合の最大のリスクは旦那バレです。

当たり前の話ですが、旦那さんにバレるとシャレにならない結果が待っているのは不倫した芸能人の夫婦仲の結末を見れば良くわかるはずです。
どんなに鈍感な男性でも頻繁な夜の外出や、生活のリズムが変わったことには気づいてしまうものです。

既婚者主婦は旦那さんへの対策を十分に行ってからパパ活を開始してください。

シングルマザーの場合

独身であるシングルマザーは不倫というレッテルを貼られることはないので、既婚者主婦よりもリスクが少なくなります。
ですが子供さんが小さかったりすると、保育園へのお迎え時間による制約や、発熱や病気などで相手に予定の変更をお願いするなど、時間が自由にならない、すなわち相手に負担をかけるリスクがあるということです。

当然、夜の外出は子供さんが居るので難しくなり、平日の昼間中心のパパ活は相手を見つけにくいというリスクがあります。
また使える時間に大きな制約があるため複数のパパとお付き合いするのはどうしても難しくなり、上手に時間を使える要領の良さが求められるのです。

シングルマザーの持つ最大のリスク

もうひとつはシングルマザーの場合、パパ活以上の関係を相手が望むのではないかという事を男性が警戒するリスクがあることです。

シングルマザーの場合、主婦とは違って経済的な困窮が激しいことも多く、パパに対しての依存度が高くなる傾向かあり、男性の側がそれを大きな負担に感じてしまう事が良くあります。

どのような関係でもそうですが、長く良い関係を続けるには適度な距離感というのは絶対に必要です。

主婦がパパ活をするときのポイント

ここからは既婚者主婦が上手にパパ活を行っていく上でのポイントやテクニックについて少しお話しします。

あくまでも自分の家庭を優先で

パパ活で生計を立てるわけではないので、自分の家庭を第一に考えるのは当然のことです。

家庭が崩壊してしまっては本末転倒になるため、絶対に旦那バレは厳禁、どこから秘密が漏れるかわからないのでママ友バレにも要注意です。

パパとデートするときは絶対に知人とは会うことのないエリアにするなど細心の注意を払う必要があります。

少数のパパに絞る

家庭優先で主婦業を行うとなると時間的な制約が生まれます。

夜は旦那さんや子供さんが家にいるため頻繁な外出は難しく、正当な理由がない限り外泊は不可能と言えます。こうなると会えるのは平日の昼間中心となります。

もちろん3人、4人とパパを作っても時間的にお付き合いが難しいため条件の良いパパに絞ってお付き合いをすることが望ましいでしょう。

自分の希望条件に近く、金銭的にも満足できるパパ一人にすることが理想です。

アリバイや外出の理由作りを上手に行う

特定のパパが出来たら外出の理由をしっかり作ったり、アリバイ工作を万全に行う必要があります。しっかりした理由が作れれば夜の外出も意外とやりやすくなるものです。

例えば、パートを始めてきっちりと時間を決めて働けば、パートを休んだときはその時間はパパとのデートに当てることが可能になります。
パートで働いてる事を旦那さんに認めてもらえておけば、パパ活でお金回りが良くなって持ち物が少し高級になっても怪しまれたりすることはなくなります。

パートによる交遊関係の広がりも外出の理由付けには使えるため、旦那さんに働く許可をもらっておくのは1つのテクニックと言えます。

バレないように最大限の努力を

パパとのデートとなると少しお洒落にと考えて着飾ったり、化粧が少し濃くなったりするかもしれませんが、これは他人にバレる危険性のある行為だと認識しておきましょう。

制服を着替える高校生ではありませんが、派手な服や化粧が必要なときは、外出先などで着替えたり化粧したりして家にはその痕跡を残さない事です。

家から出るときは普段の服装と化粧を心掛けましょう。

アラサー・アラフォーでもできるの?


パパ活に応じる男性が、若くて可愛くて綺麗な女性を望むのは当然な事と言えます。

しかし女性の好みはそれぞれ異なり、幼くて可愛いいロリコン好みの男性がいれば、少しポッチャリした肉感的な感じが好きな人もいて、キリッと背の高いいわゆる知的な美人が好きな人も当然います。

女性に対して求める年齢も個人差があり、20歳前後のピチピチギャルや女子大生がお好みな人がいれば、しっかりと仕事をして社会的な自立をしている20代半ばや30代のOLや社会人を希望する人、若い人とは会話が合わない、いわゆるジェネレーションギャップを嫌がるために同世代の女性を望む人も存在します。
このため30代、40代の女性でもパパを持つことは可能です。

しかし、パパ活を望む男性の多くが前述したように若くて可愛い、綺麗な女性を望む傾向が強いことも確かなために、年齢が上がれば上がるほどパパを見つけられる可能性が低下していくリスクはあります。

ある程度の年齢の方がパパ活をする場合は根気よく、条件を高くせずに相手を探すことが必要になります。

主婦のパパ活にオススメのアプリ

paddy67

主婦でも使えるパパ活アプリとしては、「paddy67」がオススメです。比較的高収入でパパ活に理解ある男性と、パパ活をしたい女性とを繋ぐ、パパ活マッチングアプリです。

24時間の監視体制と相手の目的が事前にわかるので、お金が欲しい主婦の方も安心にパパ活をすることができます。

paddy67でパパを探す(無料)

まとめ

ここまで話してきたように、年齢や既婚である事などはリスクを回避できるのであればパパ活にはなんの支障もないようです。

しかし、高額でお付き合いしてくれるパパならばともかく、わずかなお小遣い程度で家庭崩壊のリスクを背負うのはいかがなものかとも思います。

主婦の方がパパ活をするならば深い関係は避け、いつでも清算可能な相手と軽いお付き合いをすることが、上手なパパ活ライフを送る秘訣ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする