キャバクラの平均時給は?パパ活と比べるとどっちが高額で効率いいの?

キャバクラは特に学歴や資格がなくても働くことができる職業です。

日中の一般的な仕事に比べると確実に高い収入を得ることができ、その華やかなイメージから女性に人気も高い仕事でもあります。

ただ実際にキャバクラで働こうと考えた場合、やはり気になるのは平均時給やその仕事の内容についてですよね。

またパパ活をしようかと考えている方にとっては、どちらの方が儲けやすいのかも気になるところです。

そこでここではキャバクラの平均時給や時給を上げるためのポイント、またキャバクラとパパ活ではどちらが効率よく稼げるのかなどについて述べていきたいと思います。

キャバクラの平均時給

キャバクラで働く女性の時給は、指名の本数や売り上げなどで異なります。

なんとなく時給が高いイメージがあるキャバクラの仕事ですが、その平均時給はだいたい時給の相場2000円~5000円であると言われています。

もちろん店によっても異なりますが、やはり一般的な仕事と比べるとかなり高収入であると言えますよね。

時給を上げるためのポイント

キャバクラで働く場合、どうせ働くならやはりできるだけ高い時給で働きたいと思いますよね。
そこで以下では、キャバクラで時給を上げるためのポイントを挙げていきたいと思います。

指名を獲得する

キャバクラで時給を上げる第一の方法と言えば、やはり多くの指名を獲得することであると言えるでしょう。

実はキャバクラには、フリーの客や他のキャバクラ嬢を指名した客からその場で指名を受ける「場内指名」と、入店した時から客が特定のキャバクラ嬢を指名し、指名された女性がその席につく「本指名」という二種類の指名方法があります。

特に本指名を多く取ることができるキャバクラ嬢は店側からも優遇され、時給を上げる対応もほぼ例外なくしてもらえるので、キャバクラで効率よく働くためには、やはり本指名を取ることが最も近道であると言えます。

同伴出勤する

本指名に付随する形でより多くの手当てが欲しい場合は、キャバクラ独自のシステムである同伴を利用する方法もあります。

同伴出勤とは、来店する前に客と店外で会いそのまま一緒に来店することで、例えば外で夕食を共にして出勤すれば、同伴と本指名両方のキックバックを手にすることが出来るので、一石二鳥であると言えます。

延長を取る

本指名の席で延長を取ると延長キックバックが発生するので、キャバクラ嬢にとっても店側にとっても延長してもらえるのは収入アップにつながります。

特に店側の決めた期間の売り上げによって時給を算出する、売り上げスライド制の給与システムを採用している場合は、延長して多くののドリンクやフードを頼んでもらえると、その分時給がぐんと上がります。

またポイントスライド制の場合でも、延長のポイントを稼ぐことができるので、延長を取ることは時給アップにそのままつながります。

アフターに付き合う

アフターとは、キャバクラでの勤務時間が終わった後に、客と店外で会うことを言います。

つまりアフターとは店が終わった後に行うサービス残業のようなものであり、キャバクラ嬢にとっては同伴出勤とは違い無報酬のサービスとなります。

しかしアフターに付き合っておけば次に来店した場合に本指名を受けることができたり、また同伴出勤できる可能性もあるので、アフターの誘いにはできるだけ応じた方がよいと言えるでしょう。

太客を獲得する

店で大金を払ってくれる太っ腹な客のことを、キャバクラでは太客(フトキャク)と呼んでいます。

キャバクラなどでは、ひと月で支払った金額が大きい客をランキングにして、太客かどうか判断していることも多いようです。

太客の基準は店によって異なり、逆に指名で来てもあまり店でお金を使わないお客の事は細客(ホソキャク)と呼びます。

太客は、ドリンクやフードを多く頼んでくれる客も多いので、その場合ドリンクバックやフードバックの手当てを多くもらうこともでき、さらに収入を増やすことができます。

また本当の太客は、キャバクラでの遊び方を知っている豪快でお金持ちがほとんどを占めています。

キャバクラでの遊び方や楽しみをわかっているので、例えばキャバクラ嬢に「付き合ってほしい」としつこく迫ったりセクハラまがいのマナー違反などもせず、接客も楽な上客であると言えます。

ですので太客を一人でも多く獲得できれば売上も伸び、店側にとってもキャバクラ嬢にとっても有益となります。

高時給でも大変なことも

高時給で華やかなイメージのあるキャバクラでの仕事ですが、やはり大変なことも多くあります。
ここではキャバクラで働く場合に大変であると思われる点について述べていきたいと思います。

ノルマ

店によっても異なりますが、キャバクラにはそれぞれノルマがあります。
ノルマをクリアできないと、時給が減ったりさらに罰金まで課される場合もあります。

また金曜日や土曜日などの週末、イベントがある日、週や月でノルマが決まっていたりとその種類はさまざまです。
時給が高いとその分ノルマも大きく、キャバクラ嬢が最も苦労する点であると言えます。

生活リズム

キャバクラは夜に働く仕事ですので、どうしても生活リズムは乱れがちになります。
生活リズムの乱れにより、キャバクラ嬢の魅力のひとつである美貌にも影響が及んでしまう場合もあります。

キャバクラ嬢が生活リズムを規則正しくするにはある程度工夫が必要です。
だいたい明け方に帰宅するような勤務形態の場合は、帰宅後はなるべく早めに就寝し、できれば昼過ぎには起床するよう心がけましょう。

どんな男性にも接客しなければいけない

キャバクラには実にさまざま客が訪れます。
中には酒癖が悪く態度が横柄だったり、セクハラまがいの発言や行動をする客もいるでしょう。

しかしキャバクラ嬢は接客業ですので、どんな嫌な客にも笑顔で対応しなければなりません。
時給が高く高待遇なイメージのあるキャバクラでの仕事ですが、やはり大変な面もあるようです。

パパ活と比べるとどっちが効率いいの?

時給のよいイメージのあるキャバクラでの仕事ですが、ではパパ活と比べるとどっちが効率よく稼ぐことができるのでしょうか。

ここではpatoやpaddyでパパ活をすると時給はどのくらいなのか、またキャバクラとパパ活、どちらが効率がいいのかなどについて述べていきたいと思います。

パパ活アプリでパパ活をすると時給はどのくらい?

パパ活を行う場合は、paddy67などのアプリを利用して相手を探す場合が多いようです。
またパパ活においては文字通り会うたびに相手が変わる都度パパと、いつも同じ相手と会う固定パパの二種類があり、それぞれ時給は異なります。

都度パパの場合は、大体2時間ほどの食事のみと考えて計算すると、だいたい平均時給は2500円~5000円ほどとなっています。

また固定パパの場合は会う時間も都度パパより少し長く、だいたい3時間ぐらいであると考えると、3300円~5500円ぐらいとなっています。

時給で考えると、パパ活は一般的なバイトよりかなり効率よく稼げることがよくわかります。paddy67はパパ活初心者にオススメのサービスなので、まずは試してみるのも良いでしょう。


paddy67でパパを探す(無料)

ギャラ飲みマッチングアプリ「pato」の時給は?

ギャラ飲みのpatoは一番安い時給でも4,000円、一番高くて20,000円になっています。

面談を丁寧に行なっているので、かなり高時給みたいです。
patoをインストールする(無料)

キャバクラとパパ活、どっちが効率いい?

キャバクラとパパ活の平均時給を比べて見ると、キャバクラはだいたい2000円~5000円、パパ活であれば時給のよい固定パパの場合は、3300円~5500円ぐらいとなっています。

金額だけを見れば固定パパの方がよい気もしますが、ただパパ活は不定期で不安定な収入であり一時的なお小遣い稼ぎとも言えるので、安定した収入を求めるならやはりキャバクラで働く方が効率がよいと言えるでしょう。

またキャバクラの場合、本指名を受け同伴出勤などを行えば更なる収入アップにつながりますし、更に太客を獲得することができれば、より多くの収入を得ることもできます。

ただ、キャバクラは初めて、まだ早いかなと思う方は、paddy67などを利用したパパ活で経験を積んでからの方が良いかもしれません。

まとめ

この記事ではキャバクラの平均時給や時給を上げるためのポイント、またキャバクラとパパ活ではどちらが効率よく稼げるのかなどについて紹介してきました。

パパ活よりキャバクラの方が平均的に安定して稼げるようですが、もちろんその分ノルマや接客など大変な面もあるので、キャバクラで働く場合には十分に考えてから行動に移すようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする