お金を支援してくれる制度やサイト一覧

お金がない!こんなときってがむしゃらに働くしかないと思っていませんか?確かにお金は働いて稼ぐのが正しいあり方ですが、限界もありますよね。そんな時は「支援」を利用してください。

お金がないときに支援してもらえる制度


失業給付

会社を退職してから、次の就職が決まっていない間に支援してくれるのが「失業給付」です。「いきなり会社が倒産してしまった、、、」みたいな時にも助けてくれます。ただ、失業をしていれば誰でも支援してもらえるわけではありません。いくつかのルールをクリアしなければならないので、ハードルは高いです。

傷病手当金

傷病手当金は、病気や怪我を理由に仕事ができない人に支給される手当のことです。支援を受けるためには、業務外による療養でなければなりません。その上で「連続して3日療養した後に、4日目以降も仕事に就けない」というのが大事な条件になります。傷病手当金は、怪我の内容や仕事の内容が考慮されるので、療養中でも支給されないことも多いです。

住居確保給付金

住居確保給付金は、住宅が無い、あるいはその恐れがある離職者に対して支援されるものです。就労意欲&就労能力がある離職者でないと支給されません。支給額は、世帯の状況や自治体によって異なりますので、詳しくはお近くの自治体に問い合わせてください。

出産費用一時金

これは、健康保険がきかない妊娠や出産の費用を軽減させるための制度です。費用の受け取りは、

・会社で加入している健康保険組合
・夫が加入している健康保険組合(夫の扶養になっている場合)
・各自治体

からになります。

手続きが簡単

この手の支給金の手続きって、複雑なイメージがありますよね?だけど、出産費用一時金は簡単!ご利用の産婦人科に願い出れば完結です。

差額が振り込まれるのもポイント

出産費用一時金は、子供一人につき42万円支給されます。多胎児の場合は、「子の人数×42万円」です。結構貰えますね!これだけ貰えるとなれば、42万円以内でまかなえるケースも多いです。その場合は、差額が指定の口座に振り込まれます。

緊急小口資金

紛失、盗難、医療費、火災、休業、解雇、事故、etc。緊急事態で一時的に生計を立てられない時に支援してくれるのが「緊急小口資金」です。融資される限度額は、10万円以内となっています。ちなみに、緊急小口資金は、「世帯」をターゲットにした制度なので、個人が受け取ることはできません。予めご了承ください。

2週間ほど要する

「緊急小口資金」と謳ってはいますが、すぐに支援してくれるわけではありません。平均2週間程度かかります。最短でも5日は必要ですので、予めご了承ください。

生活保護

生活保護は、近年よく聞くワードなので、既にご存知の方も多いかもしれませんね。厚生労働大臣が定めている、最低限の生活基準を満たせない国民に対して支給される制度です。

支給額は状況により異なる

支給される額は、世帯状況や地域によって異なります。支給を希望される際は、お住まいの市区町村の役所に問い合わせてください。

奨学金

金銭的な理由で学校に通えない学生を支援するのが「奨学金」です。支給されるためには学生本人の学力レベルが高くなければなりませんから、ハードルは高めかもしれません。

返還義務で行き詰まるケースも

日本の奨学金は、学校を卒業した後に返還義務が生じます。奨学金は高額になるため、就職できなかった場合は返済に行き詰まるケースも、、、。奨学金を希望する際は、後先も考えてください。

総合支援資金貸付制度

生活を再建させるまでに必要な費用を貸し付けてくれる制度です。

・2人以上の世帯、、、月20万円以内
・単身、、、月15万円以内
・住居入居費、、、40万円以内
・一時生活再建費、、、60万円以内

の貸付をしてくれます。保証人がいるときは、利子無し!保証人がいない場合は、年利1.5%です。償還期限は10年なので、頭に入れておきましょう。

高等職業訓練促進給付金等事業

介護福祉士や看護師の資格を取得する時の訓練費用を支給してくれる制度です。取得するために1年以上をご利用する場合に限ります。支給額は、月2万5千円~10万円です。

償還義務なし!

驚きなのは、償還義務がないこと。国に役立つ仕事のスキルアップのサポートゆえにこのようなルールになっているのでしょう。支給期間は3年が上限になっているので、たっぷり支給してもらえます。

自立支援教育訓練給付金

「自立支援教育訓練給付金」児童を扶養し、なおかつ教育訓練が必要な時に支給される制度です。上限20万円まで支給してくれます。ちなみに、返還義務はありません。

不動産担保型生活資金制度

これは、高齢者向けの制度です。不動産を担保に資金を借りたい高齢者が対象者になります。上限は不動産価格の70%です。3ヶ月の据置期間、年利3%、長期プライムレートの中から適切な金利が適用されます。

教育支援資金制度

低所得の世帯が学校教育を受けるのが困難な場合に適用される制度です。

・一時金の「修学支度金」、、、50万円以内
・月々利用できる「教育支援金」、、、高校は月3万5千円以内、高専&短大は月6万円以内、大学は月6万5千円以内

が支給されます。

利子や償還期限は?

連帯保証人(世帯内)を定めていれば、無利子です。償還期限は20年となっているので、予めご了承ください。

福祉資金制度

福祉に関わる一時的な費用お借り入れできる「福祉資金制度」。主に、冠婚葬祭、介護サービス、障害者用自動車の導入などにかかる費用を負担してくれます。融資の上限は580万円まで!結構まとまった額ですね。これは利用価値がありそうです。

食べるものに困ったら

フードバンク

製造や流通の段階で、包装に傷みなどが出た食品は、味に影響が出てなくても、店頭に出すわけにはいきません。そんな食品を企業から集めて、生活が困窮している人たちに提供する団体が「フードバンク」です。お金がなくて食べ物に困った時は、相談してみてください。

ネット上でお金を支援してもらえるサイト

ソーシャルカンパ

ソーシャルカンパで最も有名なのが「Kampa!」というサービスです。名前からも想像がつくように、カンパしてもらうサービスですね。利用シーンとしては

・誕生日パーティー
・バーベキューパーティー
・クリエイターの制作費サポート

などが挙げられます。

手数料ゼロ

銀行で送金する場合は手数料がかかりますが、「Kampa!」なら送る側も受け取る側も手数料は無料です。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、あるプランを達成するのに必要なお金を不特定多数から募るサービスです。主なプランは

・製品作成
・ミュージックビデオ制作
・映画制作
・レコーディング
・ツアー
・会社設立
・写真集制作
などです。

芸能人も多数利用

クラウドファンディングは、芸能人も利用しています。最も有名なのは、お笑いコンビキングコングの西野さんです。西野さんが、「えんとつ町のプペル」という絵本を作る際に、クラウドファンディングで費用を募りました。西野さん以外にも、ミュージシャン、俳優、女優、声優、アイドル、研究者がこぞって利用しています。

おすすめのサービスは?

クラウドファンディングでおすすめなサービスは、「CAMPFIRE」や「READYFOR」が挙げられます。この二つはノンジャンルのプランを乗せているのですが、ファッション、映画、アートといった特定のジャンルに特化したサービスも増えています。クラウドファンディングを利用する際は、自分に見合ったサービスを選んでください。

お金支援掲示板

お金支援掲示板は、「借主限定」の掲示板です。2チャンネルのように気軽に書き込める掲示板になっていて、「お金ください!」みたいなストレートなメッセージが並んでいます。ヤフーメールやGメールのアドレスを掲載しておくと、貸主からアポが届きます。安全が確立されているサービスではないため、利用は自己責任です。

SNS

SNSを使って資金を募る方法もあります。先ほど紹介した「お金支援掲示板」同様、自己責任です。SNSは拡散能力に長けているため、多くの人の目につく可能性がありますが、貸してくれるかどうかはわかりません。もしかしてくれる場合は、契約書をちゃんと交わしておきましょう。そうしないと、トラブルの元です。

パパ活アプリ


最後に紹介する方法は、パパ活です。若い女の子は手っ取り早く稼げるので、おすすめな方法です。

パパ活とは?

パパ活は、「パパ」と呼ばれるパトロンからお小遣いをもらう活動のことです。お食事デートするだけでお小遣いがもらえます。場合によっては、体の関係もありです。

パトロンの見つけ方

パパ活をする時に肝心なのが、パトロン(パパ)を見つけることです。デートするだけでお小遣いをくれる男性なんて、その辺をうろうろしてないですよね?パトロン探しは、パパ活サイトを使ってください。

paddy67などのサービスを使えば、すぐにお金持ちのパトロンが見つかります。


paddy67でパパを探す(無料)

まとめ

いかがでしたでしょうか?お金の集め方ってこんなにあるんですね!「働くしかないか~」と思っていた人にとっては、目から鱗だったのではないでしょうか?特に、最後に紹介したパパ活は、18歳以上の女の子にとっては有益な稼ぎ方です。アラサーやアラフォーでも稼いでいるので、容姿さえよければ年齢は問わず稼げます。ルックスに自信のある女性は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする