【ギャラ飲み徹底比較:札幌編】おすすめアプリ・相場・安全性を解説!〜これだけ読めば大丈夫〜

東京で人気のギャラ飲みが札幌でも話題になっているって本当なの?どんな人がどのくらいの相場でギャラ飲みをしているの?おすすめサイトは?おすすめのギャラ飲みスポットは?

札幌でギャラ飲みする際に知っておきたいポイントを紹介していきます!

ギャラ飲みとは

ギャラ飲みとは、女性が男性と飲む対価として謝礼を受けとる飲み会のことを指します。 謝礼をタクシー代として渡されるケースもあることから、タク代飲みとも言われています

飲み会に参加するだけで短時間で高額を稼ぐことができるため、若い女性の間で話題になっています。

ギャラ飲みについて詳しく知りたい方はこちら

【ギャラ飲み解説】ギャラ飲みの相場・おすすめアプリ・給料・安全性を完全公開!最近ではpato(パト)が熱い!?
今何かと話題になっている「ギャラ飲み」を徹底解説します。ギャラ飲みにまつわる疑問を全て解決します。これを読めばあなたもギャラ飲みマスター...

ギャラ飲みは札幌でも人気になりつつある

これまでギャラ飲みは主に東京で盛んに行われていました。ところが最近は東京以外でも行われており、勢いがあるのが札幌です。

全国の市の中では横浜市、大阪市、名古屋市に次ぐ4番目の人口を有しており、北海道全体の人口の約36%を占めている札幌市は、さらにギャラ飲みが盛んになっていくと思います。

実際に今、プライベートとして飲み会やカラオケに女性を呼ぶだけでなく、接待にギャラ飲みサービスを利用されるケースも増えているんです!

札幌ではどんな女子がギャラ飲みしているの?

札幌でギャラ飲みをしている女子は、女子大生OL夜職経験のある女性芸能関係者が多いようです。

様々なスタイルの人で溢れている札幌ですが、ギャラ飲みに参加する女子は年上の男性に釣り合うような大人キレイ系の服装をすることが多いようです。

清楚華がある女性が理想の男性が多いためでしょう。

それに加えて、

①愛嬌がある

②盛り上げ上手

③場の空気が読める

④時間が守れる

⑤お酒が飲める

女子が男性から好まれます。

陽気で話し上手だと言われている札幌女子は、人気がでそうです。

相席BARであるJISが北海道発祥であることや、北海道の相席ラウンジでは女性が常にあふれていることから、

札幌の女性は

初めて会う人とも盛り上げながら飲むということに慣れている人が多そうなのでギャラ飲みを始めたら稼げる人が多そうですね!

札幌ではどんな男性ががギャラ飲みしているの?

札幌の男性は、おおらかで細かいことを気にしせず、割り切った付き合いをする人が多いので、その場を楽しむために金銭面でもパーっとお金を使う人が多いです。

新しいものが好きで浪費家の人も多いので、札幌でギャラ飲みを行なっている男性は、

会的地位と金銭的な余裕がある人が中心です

職業としては経営者、企業の役員、芸能関係者、医者、弁護士、会計士、投資家などの富裕層の方が多いです。

こんな男性が狙い目

ギャラ飲みでは、新規の男性を開拓するよりも、会った男性をリピーターにさせる方が稼げます。

当然ですが、リピーターにさせる男性はお金を持っている人がいいですよね?

では、どうしたらそのような人とギャラのみできるのでしょうか。

続きでこのようなリッチな人たちとどうやってギャラ飲みするのかを紹介していきますね!

札幌で安全にギャラ飲みするには

初めて会う男性からお金をもらって飲み会をするため、ギャラ飲みは危険だ!と言う世間の声もあります。しかし、しっかりとした対策していれば危険ではないですし、たくさん稼げるんんです!

具体的な対策はこの記事をご覧ください!

ャラ飲みは危ない?危険を回避するための5つの対策!詳しくはこちらから

リンク先の対策を心得た上で、

治安が良くないと言われている地域や怪しいお店の個室を避け、

人通りの多い賑やかな場所でギャラ飲みをすれば安全です。

札幌で人気のギャラ飲みサイト比較

大手ギャラ飲みサイトを詳しく比較した記事はこちらから

札幌のギャラ飲みサイト比較まとめ

札幌でよく聞くのはpato, mullionが多いのでこの2つに関して説明していきます!

まず、札幌で普及しているギャラ飲みサイトのmullionですが、稼げるという声がほとんどないことから、登録しても稼げることはないでしょう。

mullionは、男性側としては、女性の審査がLINEのみで厳選された女性ではないため、レベルの高いギャラ飲みは期待できないです。

また、女性側としては、運営サポートがしっかりしていないこと、評判のいい口コミが圧倒的に少ないから少しでも不安な人は安心して利用することはできなそうです。

初対面の男性と会うのはただでさえ不安にも関わらず、会社がしっかりしていないと安心してギャラ飲みに参加することはできません。

一方Patoは、運営事務局のサポートが行き届いているのはもちろん一人で参加するのが不安な場合は友達とも参加できるので、安心してギャラ飲みに参加することができそうです

さらに、大人数のギャラ飲みだけでなく、一対一で自分が設定した金額でギャラ飲みもできるため、安定して稼ぐことができます。パパ活にも興味がある人は、一対一だとパパ探しも捗りそうです

詳細はこちらから確認してみてくださいね。

ギャラ飲みアプリpato(パト) 男性の方はこちら 

ギャラ飲みアプリpato(パト) 女性の方はこちら

ギャラ飲みで使える札幌のスポット

ふらの和牛よしうし


すすきの駅から徒歩2分の当店はふらの和牛生産者の谷口ファーム直営店で北海道枝農林水産大臣賞受賞した「ふらの和牛」専門の焼肉店です。融点の低い脂身がふらの和牛最大の特徴でとろけるような口あたりとお肉の旨みと甘みを堪能できます。「ふらの和牛」を堪能できるコースは5,800円~。また、個室中心ですので落ち着いた雰囲気の内装と照明の店内は、会食や接待、デート、顔合わせなどにもぴったりです。ご不明点、ご相談
ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

出典:食べログ

個室も完備されており、落ち着ける空間で食事できると評判のこのお店。

地下鉄南北線『すすきの』駅より徒歩2分
地下鉄東豊線『豊水すすきの』駅より徒歩30秒

に位置するので、帰りも安心です。

また、月曜日から土曜日は17:00-23:00まで営業していますが、日曜日は定休日なのでお気をつけを!

鮨 一幸

真摯な仕事と精緻を極めた職人技で、国内外の食通たちを虜にしている名店「鮨 一幸」。この店で握るのは、倒産寸前の店を僅か5年で人気店へと成長させた二代目・工藤順也氏だ。全国から取り寄せた超一級品の魚のみを使用し、仕込みにかける手間は惜しまない。寝かせることで魚が持つ旨味を最大限に引き出し、味、香り、食感など、自身の舌が納得できたものだけを握る。精魂を込めて作り上げる一貫をじっくりと味わって頂きたい。

出典:食べログ

札幌市営地下鉄 南北線・東西線・東豊線「大通駅」より、徒歩5分
札幌駅からタクシー 約10分

に位置する食べログの評価が4.44のこのお店!

なんと7席しかないので、早めの予約が必要です!

parcourir

青いLEDで彩られた雰囲気の良い店内は、デートやお洒落女子会にぴったり♪初夏のカクテルやワインはもちろん、焼酎・ビールも豊富にご用意。本場スペインやイタリアから仕入れた生ハムやチーズなどとともにお楽しみください。アピア地下道直結、センチュリーロイヤルホテル内2階フロント右奥にあるバーですが、宿泊者以外の方のご利用ももちろんOK!カフェセットメニューでの喫茶利用や2次会利用にもオススメです!

出典;食べログ

こちらは美味しい食事が楽しめると評判のバーです。

年中無休で14:00〜24:00まで営業しているのが嬉しいですね。

また、札幌駅直結で、合流がスムーズにできるのが嬉しいですよね!

札幌でのギャラ飲みまとめ

東京で話題のギャラ飲みは札幌でも話題になりつつあり、これからさらに勢いを増していくと言われています。

札幌でギャラ飲みをしている女子は華やかかつ上品 女子大生OL夜職経験のある女性芸能関係者が多いようです。

割り切った付き合いをする札幌の男性は、その場を楽しむために金銭面でもパーっとお金を使う人が多いでしょう。それをまかなえる社会的地位と金銭的な余裕がある人が多く、経営者、企業の役員、芸能関係者、医者、弁護士、会計士、投資家などが中心となって利用しています。

ギャラ飲みの報酬は、支給前提タイプ当日支給タイプがあるため、一概にいくらとは言えませんが、平均的に一回一万円であることが多いようです。

札幌で展開されているギャラ飲みサイトにはPato,mullionがありますが、mullionは運営のサポートが男性にも女性にも行き届いていないため、運営事務がしっかりしているPatoが安心ということがわかりました

札幌でギャラ飲みをする際には治安が悪い場所は避け、人で賑わっている場所をチョイスしましょう。

ギャラ飲みにおすすめなのは、お食事屋さんだと『ふらの和牛よしうし』や『鮨 一幸』、カバーだと『parcourir』など、アクセスが良く夜遅くまでやっているお店がベストです。

これから札幌でギャラ飲みを開催しようとしている男性、参加しようとしている女性はぜひ参考にしてみてください!

札幌でギャラ飲みする場合のおすすめ地域

札幌市/大通り/すすきの/狸工事/豊水すすきの/琴似/帯広市/小樽市/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする