パパ活は危険なの?把握しておくべきリスクと対策!

パパ活ってなんか不安だし、やってみたいけど危険だからやめておいたら?と友達に言われてしまう。。
パパ活の危険って具体的にどんなことがあって、対策はできるのかをこの記事では解説していきます。
もし、自分でもできそうと思えたらパパ活を始めてみてはいかがでしょうか?

パパ活 危険

パパ活は危険と言われる理由

パパ活は危険と巷でよく言われますよね。
そもそも、パパ活とは、男性と時間を一緒に過ごす(お食事やデート、性行為等)ことでお手当をもらう活動のことです
援助交際との違いは、体の関係を持つのが援助交際、必ずしも体の関係を持つ必要がないのがパパ活です。
対策をしながらパパ活を行えば安心なのですが、この意味の違いをわかっていない男性が意外ので
パパとの認識の違いから、トラブルに巻き込まれるといった危険があります。

今回このパパ活をはっきり把握して対策をすることで安全にパパ活を進めていきましょう。
そのために、危険と対策を紹介していきます。まずは危険と言われる理由を紹介したいと思います。

パパ活の危険①:2種類の詐欺

パパ活における詐欺は2つあります。
1つは、金銭の詐欺、もう1つは、プロフィールの詐欺です。

金銭の詐欺

パパ活の金銭の詐欺は、「出会う前は奢るよ」、「お金あげるよ」って言われたにもかかわらず、実際会ってみると、お金は今度といわれて音信不通になることや、タイプじゃなかったとか、今日はお金ないからといわれて逆にお金を請求されることがあります。

プロフィールの詐欺

これは、プロフィールには社長とかセレブとか書いてあるのに、実際お金を持っていないことがあります。また、プロフィールの写真はすごくイケメンなのに、実際会ってみると、とても怖い人で、嫌なことをされるといったケースもあります。

パパ活の危険②:体の関係をもとめられる

これは、冒頭でも説明したとおり、援助交際と区別していない男性が多いことが原因とされています。これは、飯おごった、貢いだという男の達成感から生まれる行動であり、今日はイけるとか、次もまた同じようにデートしたらイけると勘違いする男が多いです。また、あえて夜おそい時間に待ち合わせて、終電の時間を見計らってホテルに連れて行かれるといったケースがあります。

パパ活の危険③:恋愛感情をもたれてストーカーに

これは、パパ活でなくてもよくありますよね。パパ活の場合では、切り捨てたパパから、しつこく連絡を求められる。あるいは、SNS、例えばTwitterやFacebookから住所を特定されたりします。
他にもネットの掲示板で晒されたり、悪い噂をネット上で流されたりするといった危険もあります。

パパ活の危険④:ドタキャン

パパ活を始めるにあったて、ほとんどの人が出会い系アプリ、サイトに登録しています。
しかし、先に説明したとおり、危険を伴います。
最も手軽に始められるサイト・アプリでのパパ活を始めるうえで把握しておくリスクを紹介していきたいと思います。

冷やかし

会う約束をするが、ドタキャン、や連絡が取れなくなるといった冷やかし。あるいは、ゲームやアプリのインストールを条件にして、連絡を執り行う冷やかし。実際これは、インストールしても連絡は取れませんし、逆に別のアプリのインストールを強要されるようになります。

バックれ

会うところまではいいが、お金を払わずに帰っちゃうバックれ。バックれとは、しらばっくれる、とぼけるという意味です。バックれに関しては危険のところでもお話した詐欺の内容に近いですが、これはパパ活をしていらっしゃる女性の認識に問題があります。
そもそも、出会い系アプリ、サイトに登録している男性のほとんどが、純粋に出会いを求めている人で、ただただ女の子と遊ぶために登録している人はほとんどいません。つまり、連絡のとれた男性のほとんどが出会いを求めている人ということになります。
こういう人にお金を求めても男性からしてみると、こいつ金目当てなんだなと思い、すぐに幻滅してしまいます。

パパ活サイト/アプリで危険なパパの見分け方

ここで、パパ活サイト・アプリで危険なパパの見分け方を紹介します。
それは、ちゃんとアイコンを自分の顔の写真にしているかどうかです。
アイコンが顔写真だと安心しますよね。ただ、顔写真が極端にイケメンの方は、画像をインターネットで拾ってきた可能性があるので、その画像を保存して画像検索するのがよいでしょう。

パパ活を安全にする対策

パパ活を安全する対策は大きく2つあります。
その対策をする前に、大前提として大切なことは男性の目的を把握するです。
出会い系サイトや出会い系アプリを利用している男性はみんな、パパ活を目的としているわけではありません。
なので、パパ活目的で男性と会う前に、相手の目的を把握し、あなたの目的も伝えておく必要があります。男の人は出会い目的や援助交際目的でやっていることが多いので、連絡のとれた人がパパ活を目的でやっているのか、必ず確認してから会うようにしましょう。
確認方法ですが、回りくどい表現で確認するのではなく、ストレートな表現で聞いた方がいいです。
何か気が引ける行為だと思いますが、女の子と本当に遊びたいと思う人ならば、ストレートな表現を気にしないはずです。

①パパ活安全対策:安全なパパ活アプリを選ぶ

安全安心だと思えるアプリの特徴として、男性が有料、かつ、運営会社しっかりしているのが安心です。
TwitterやFacebookといったSNSで募集するのは、もってのほかです。

パパ活ができるアプリとして有名なのはPCMAXやワクワクメールといわれる掲示板機能をもったアプリなのですが、最近ではパパ活専用アプリが登場してきました。その他有名なパパ活アプリにどんなものがあるのか気になる方は【身バレせず、安心して高収入】おすすめパパ活アプリ10選び!を参考にしてみてください。

この記事で紹介するパパ活専用アプリはPatoというアプリです。
パパ活 Pato アプリ
日本初のエンタメ飲み会(ギャラ飲み)マッチングサービスだそうで、すでにお食事や飲み会に参加するだけでお小遣いを稼いでいる女性が500名いるのだとか。

▼Patoの特徴

  • 1人でも友達と参加でもOK!そのまま飲み会ハシゴも楽しい♪
    謝礼はアプリ内でもらえるので、ドタキャンやもらいそびれが無い画期的システム
    ゲストは審査制で経営者・富裕層が中心なので、安心安全で良い出会いも♪
  • パパ活におけるリスクのひやかしやばっくれができないシステムで、会うには男性は必ずお金を払わないといけないという前提なのでパパ活には最適なアプリと言えそうですね!


    ▼実際の女性ユーザーの声

    「空いた時にパッと参加できるので、空いた時に利用してます」
    「運営の方がしっかりコミュニケーションしてくれるので安心でした。」
    「使い方によっては、Patoだけで生計が立ちそうですよね笑」

    システム的にも安心な上、運営の方と連絡を取り合いながらパパ活ができるというのは非常に安心できますね!
    パパ活は気になるけど、まだ不安で実際始められてないという方はこのアプリから始めてみてはいかがでしょうか?
    インストールはこちら

    パパ活安全対策②:信頼のできるパパ活の先輩を見つける

    信頼のできるパパ活の先輩の見つけ方ですが、友人などのグループでやっている方は入ってくる情報が多いですので、すでに連絡をとることができると思います。
    個人でやっている方はほとんどありません。
    そういうときはパパ活を実際にされている女性の生の声を聞けるブログ、twitterがおすすめです。

    ブログは、参考になるパパ活デコログまとめ5選を、
    twitterは、【最強アカウント10選】パパ活の仕方はtwitterで学べ!を参考にしてみてください。

    まとめ

    パパ活には、様々な危険があるということがおわかりになったでしょうか。
    最近男女の交際やつきあいにおいても様々な事件が起こっていますが、
    パパ活は、このような詐欺、ストーカー、体の関係を求められるなどといった危険があります。
    もしパパ活をしたいのであれば、冷やかしや、バックれといったリスクを正しく把握して対策をたててから始めるのが賢明といえるでしょう。

    会う前に連絡の段階で性的行為はNGなこと、ちゃんとお金をくれるのかといったことを確認したり、万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合はすぐ相談することも大切です。

    パパ活は危険をしっかり把握することで、安全に楽しくすすめることが可能です。パパ活を始めようとしている、すでにやっている女性のみなさん、安全で楽しいパパ活をしましょう。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする