【パパ活の服装】パパに気に入られる格好はコレ!

突然ですが、女性の皆さんは昨今話題となっているパパ活という活動をご存知でしょうか?
去年くらいに”パパ活”というキーワードが注目を集めましたが、中には「パパ活って何だろう?」と疑問に感じている方も少なくないでしょう。
そこで今回は、改めてパパ活とは何か踏み込みながら、パパに気に入られる格好についてご紹介したいと思います。

パパ活 服装

まずパパ活とは何なのか?

パパ活と聞くと、思わず就活や婚活みたいなニュアンスで、お父さんが再婚や新婚に向けて活動するイメージを持ってしまいますよね。
実際は、パパ活の「パパ」とは、身体関係を持たなくても経済的援助をしてくれる男性のことを指します。もちろん経済的援助を受けるのは、女性です。
まるで援助交際のようですが、肉体関係を必ずしも持つ必要がないという点から、援助交際とは別と捉える方がほとんどです。

年齢に関しては、未成年はダメといった指定がないのですが、パパ活を成功させている女性の平均年齢が20代であることから、未成年のパパ活は少し厳しい印象があります。
またパパ活をするためには、出会い系サイトを利用することが多いのですが、出会いサイトでは原則18歳未満の利用を禁止している点からも、18歳未満の活動は難しいと思います。

さて、このパパ活ですが、一見すると男性にはデメリットしかないように思えますが実はそうではありません。

パパ活のメリット:女性の場合

肉体関係を結ぶことなく、食事やトークの相手をするだけでお金を得ることができる点ですね。ただし、楽でないこともあります。

パパ活のメリット:男性の場合

・可愛い子と付き合っているという自尊心
・渡したお金で明るくさせたり応援できたりといった育成欲
・一緒にいる時間に愚痴を聞いてくれたり褒めてくれたりするといった承認欲求
等々、男の人ならもってる根源的な欲求を女性とのコミュニケーションを通して満たすことができます。

パパ活のパパの特徴とは?

肉体関係などなくてもお金を渡してくれるということですから、よほど資金的に余裕がある男性のことを指すのかなと感じる方も多いと思います。
確かに中にはお金に余裕がある男性もいるでしょう。
しかし多くのパパは、仕事で得たわずかな収入で、女性へ経済的援助をしてくれるのです。
その理由は、困っている女性を助けたいという純粋な願いにほかなりません。
パパ活を受けるパパの心理としては、何かしらの理由でお金に困っている女性のために、食事やコミュニケーションを通してより女性の経済事情を確認しながら、最終的にお金を渡して「経済的援助」をしてあげたいと思う気持ちがだんだん強くなっていったりします。

パパに気にいられるのは容易ではない

「食事だけでお金もらえるとか超ラッキーじゃん」だとか「話の相手してやったんだからお金ちょうだい」といった傲慢な女性に対しては、1円もお金を払いたくないと感じるパパがほとんどです。

ここまで露骨な女性がいるかどうかは定かではありませんが、ほぼ無償でお金をあげる立場として、パパは非常に厳しく、単に調子が良いだけの女性に対してお金を与えることはまず無いといっても過言ではありません。
それだけ、パパに気に入られることは難しいということを覚えておいてください。パパは経済的に余裕がある経営者や地位の高い方が多いので人を見る目は非常に鋭いです。
冒頭でパパ活が楽ではないと触れたのは、そのためです。

こうしたパパの心理を汲み取り、本当に金銭的に苦しいという思いを打ち明けたり、話術を用いてお金を貰えるよう交渉する必要性があります。

ただ金銭的に苦しいからと、ボロボロの服装でパパと会うのはNGです。
いくら話術に自信があっても、初対面の女性に対してほとんどの男性は見た目、特に服装を意識して相手の女性を判断してしまいます。

あまりに適当な格好であっては、パパの心を掴む難易度がかなり厳しくなるのも事実。
肉体関係はいらないのに、露出度の多い派手な服装でも「軽そうな子だな」とマイナスな印象を与えてしまうことも……。
じゃあどんな格好をすれば好印象を与えることができるのか、次の項目で見てきましょう。

パパに気に入られる服装とは?

まず一番良いのがパパの雰囲気に合わせること。
特に出会い系サイトを利用して会う場合、当日会う際どういう格好で来るのかパパに尋ねておきましょう。
例えば、相手がスーツでくるのならそれに合わせたほうがベターですし、また食事する場所が高級レストランなら、あまりラフすぎる格好も恥ずかしいものです。
逆に大衆向けの居酒屋などで固い服装も浮いてしまうもの。
この辺りの加減を把握するうえでも、事前のリサーチは徹底しておくといいですね。

とはいえ、リサーチが難しく、情報のない状態で会う場面もあると思います。
そういう時にパパから不快に取られない服装の特徴は以下の通りになります。

その1:清潔感良く

当たり前ですが、シワや汚れのついた服装は論外です。
女性の中にはお金がないアピールでわざと小汚い恰好で出会おうとする方も少なくないのですが、男性の印象としては基本的に良くないと思っていいでしょう。
仮にそんな状態で、初回にお金を貰えるまで至っても、2回目以降会ってくれないという、パパ活としては失敗といってもよいケースになりがちですので、まずは清潔感を保つべし!

その2:色は明るい目のブルーか白が無難

色を揃えるなら明るいブルーがいいですね。
ブルーという色には相手の心を落ち着かせる心理作用もありますし、派手すぎず清楚な印象を与え初対面のパパと会う際にも効果的だと思います。
色を揃えるのが難しいなら、トップスをブルーで、ボトムスを白で分けるなど調整を加えてみるのもいいです。

その3:ボトムスはスカートで

露出は控えめにしたほうがいいですが、脚に関しては露出させているほうがいいです。
スカートは膝丈くらいで、フレアがオススメ。
膝丈くらいの露出でもパパの好感度を刺激しやすく、色気を与えながらも落ち着いた印象も与えることができます。

その4:靴は綺麗面な低めのヒールで

踵が高すぎるヒールよりも、ローヒールのような少し低いくらいのものがパパも落ち着きます。
後はあまり装飾のない綺麗なデザインのものがベター。

全体的に大人女子系と呼ばれるファッションを取り入れることがいいと思います。
服装以外にも好印象をもたれるためのコツがあるのですが、そちらについてはキャバ嬢が教えるモテる女のモテ仕草!本当は秘密にしたかったコツ15選で解説してますのでモテ仕草や交渉術をチェックしてみてくださいね!

最後に

いかがでしたでしょうか。
女性の中にはパパ活におけるパパの存在を勘違いしてしまう方も非常に多いと聞きます。
パパのほとんどは本当に女性へ経済的援助をしてあげたいという思いがあります。
だからこそ、そういった気持ちに反した行動を女性側が行っては、パパも不快な気持ちを抱いてしまいます。。
そのためにも、パパ活に見合った話術や見た目を意識し、パパの心理を汲み取って接してあげるようにしましょう。
まずは、服装から。それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする