主婦が副業感覚で稼ぐ、謝礼交際とパパ活とは?

謝礼交際 パパ活

謝礼交際とは?

謝礼交際とは簡単に説明すると、男性とのデートを月1回または複数回行い、その見返りとして数万円の謝礼をもらうことを指します。

謝礼交際はあくまでもデートすることが目的なので、肉体関係を前提にした付き合いではないので、注意してください。

実際、何回かのデートをするだけで、パートやアルバイト以上の金額を稼げてしまうので、時間がある主婦が中心となって人気となっています。

謝礼交際の現状

現在は共働きという形をとっている家庭は昔よりも多くなってきています。でもそれはすべての家族ではなくて、今でも主婦をやっている方もたくさんいます。主婦の生活圏内はほとんど家が中心なので、あまり遠出をすることもできない。そんな刺激の少ない退屈した日常に飽き飽きとしている主婦も多いでしょう。

謝礼交際は相手の男性から「デートしてくれるかわりに謝礼を払うから、誰か僕とデートしてくれ!」という男性の欲望を叶えてあげるものです。しかし旦那以外の人とデートすることは、背徳感を抱きつつも主婦にとっても新たな刺激となり、どちらからみても良いことずくめの関係と言えるでしょう。

謝礼交際を始める女性は「お金と新しい刺激がほしい!」という方がほとんどです。

しかしそんな女性のなかには純粋に交際自体を目的として、それが楽しいから続けているという女性も少なくありません。

謝礼交際をする女性の心理

謝礼交際をしている女性の心理としては、「誰かから必要とされたい」と思っている方が多いようです。結婚生活を長く続けていると夫からの愛情表現の機会は、年齢とともに減っていきます。それに不満を感じている主婦も多いでしょう。

「昔はあんなに『好き』だとか『愛してる』と言ってくれたのに…」

夫の方も仕事が忙しいせいで、家庭にいる時間よりも仕事場にいる時間の方が多く、あまり妻と話せていないと言う状況も相まって、家族間の亀裂は増していくばかりです。

「誰かから必要とされたい」、「自分の今の価値がどのくらいなのかを知りたい」など、謝礼交際を始める女性たちは男性に求められたいという強い欲求があるようです。

しかし謝礼交際を続けていて既婚者である女性は、夫に対して申し訳ないという気持ちを感じているのでしょうか?

調べてみると多くの女性が夫に対して申し訳なさを感じながら、謝礼交際をしているようです。

「謝礼交際というほかの男性とデートをすることが間違いなのはわかっている。でもこれをすることで、『まだ私は誰かに必要とされている』という承認欲求が満たされる。その安堵感が私を前向きにさせてくれる」

といったような意見もあるようです。

謝礼交際は法律的にはどうなの?

謝礼交際という行為は限りなく売春に近いです。しかし売春や援助交際との大きな違いは「自分からお金を求めていない」という点です。

謝礼交際をしている女性たちは、男性側からデートをしてくれたお礼としてお金をもらっているのであって、“女性側からお金を催促していない“ので、ぎりぎりセーフなのではないかと考える弁護士の方々が多いようです。

もし発覚したにしても、女性側からお金を渡すように催促したという立証は難しいので、売春や援助交際として摘発するケースは少ないだろう、という見解も見られました。

ただこの謝礼交際をしている女性たちは主婦が圧倒的多数なので、ばれた時には最悪離婚にまで発展する場合が高いでしょう。

もし今から謝礼交際を始めようという女性がいたら、上記に述べたような危険性があることを十分に理解したうえで始めましょう。

謝礼交際とパパ活の違いとは?

最近テレビ番組や雑誌などで取り上げられるようになった“パパ活”。パパ活と謝礼交際は似ているようにも思えますが、一体どのようなところが違うのでしょうか?

まずパパ活を知らない方もいると思うので、ご説明したいと思います。

まずパパ活というのは「おじさんとデートをしてその見返りとしてお小遣いをもらう」という行為のことをいいます。

この説明をみて思った方もいるかもしれませんが、謝礼交際とパパ活はやっていることは同じなんです。パパ活について詳しくは貯金のため?最近流行中のパパ活とは?を参考にしてみてください。

謝礼交際とパパ活の違う点を強いてあげるとすれば、やっている女性の年齢層だと思います。

パパ活は、20代から30代の女性が多くやっています。例を挙げるとすると大学生やOL、また少人数ではありますが、中学生や高校生の時からパパ活をする女性もいるようです。

一方、謝礼交際は40代以上の女性が多くやっています。この記事の冒頭でもご説明しましたが、主婦の方が圧倒的多数を占めています。

謝礼交際の始め方

ここまで謝礼交際について説明してきましたが、どのように始めたらよいのかについてご紹介します。

デートをする相手を探そう!

援助交際やパパ活から恋活まで利用される掲示板でお相手を探しましょう。掲示板以外にも謝礼交際・パパ活に特化したサービスやアプリなどが出てきました。後ほどご紹介したいと思います。

相手といつ会うのか決めよう!

相手とコンタクトをとった後に重要なのがいつ会うのかという日程です。日程をしっかり管理しないと謝礼交際にばかり時間がとられてしまい、自分の時間を確保できないので注意です!

あともう一つだけ気を付ける点があります。それはいきなりお金の話を持ち掛けないことです。これは初心者の人にやってしまいがちなことです。

いきなりお金の話を持ち掛けてしまうと、相手に「この人はお金目的で会う気なんだ…」という気持ちにしてしまい、最悪の場合デートをキャンセルされてしまうことも考えられます。

なので初めての会話ではお金の話はあまりしないように気を付けましょう。

実際に会ってみる!

日程が決まったらあとは会うだけです。相手を満足させるように心がけましょう!そして自分自身もデートを楽しむことを忘れないようにしましょう。これを頭に入れておくだけでも、デートの質は変わってくるかと思います。

謝礼交際やパパ活専用アプリ『Pato』


先ほどご紹介した謝礼交際やパパ活に特化したアプリにPatoというものです。
このアプリを利用すれば簡単に謝礼交際やパパ活を始められます。

男性とお食事やお酒をのむだけでお小遣いがもらえるのですが、このアプリを使うとそれが安心して簡単にできるからです。

男性は審査制で経営者・富裕層が中心

Facebookのアカウントと連携しており男性も女性も審査制となっています。もちろんFacebookには一切投稿されませんが、この審査のおかげで男性登録者は経営者やお金持ちの方が多く、上場企業の代表も数多く登録しているようです。

謝礼はアプリ内ドタキャンやもらいそびれが無い

アプリを利用して男性と合流するとお小遣いがもらえるという画期的なアプリです。加えて優れている点として、金銭の受け渡しは現金でする必要もなく、アプリ内のポイントですべてやりとりできることです。お小遣いのもらいそびれはなく、万が一、ドタキャンされた場合でも「キャンセル申請」という機能によって合流すれば、もらえるはずだったお小遣い金額を100%保証してくれるといった女性目線のアプリになっています。

運営と相談できる「Patoコンシェルジュ」

アプリを介して出会うことがそもそも不安…という方にも安心して利用できるように、運営と相談しながら利用することができます。アプリの中でPatoコンシェルジュと呼ばれる鳥のキャラクターがいるのですが、そのアカウントに相談をすると運営の人が丁寧に回答してくれます。例えば「この男性と会おうと思うのですが、あっても大丈夫でしょうか?」といった誰もが抱くような質問でもこれまでのやりとりに基づいて回答してくれます。

このようにPatoにはアプリを介して出会うことにまだ慣れていない女性でも安心して「利用できるサービスがたくさんあります。謝礼交際の相手を探すとき、このアプリを使ってはいかがでしょうか。インストールはこちら

「主婦が副業感覚で稼ぐ、謝礼交際とパパ活とは?」のまとめ

ここまで謝礼交際についてご説明してきました。謝礼交際はお相手の男性と肉体関係を持たないため、だれでも簡単にはじめることができます。しかし男性の中でもデートが終わった後に、肉体関係を迫ってくる男性も少なからずいます。もしそのような方がいたらきっぱりと断って、そのあとは連絡が取れないようにしましょう。最悪の場合、ストーカーになってしまう場合もあるので、どんなことがあっても自分の家の近くでデートをしないようにしましょう。

謝礼交際は常に援助交際と隣り合わせです。もし今から謝礼交際をはじめようと考えている女性がいたら、そのような危険性を十分理解したうえで、謝礼交際をはじめましょう。少し始めてみたいなという方はPatoをお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする