パパ活で金銭の援助をしてくれるパパをつくろう!

パパ活という言葉が最近テレビや雑誌等のメディアで話題になっています。パパ活はパパと呼ばれる男性と時間を一緒に過ごすことで金銭的に援助してもらえる活動のことですが、どんなパパがなんのために援助してくれているのでしょうか?
気になる疑問にこたえつつ、援助してもらうコツを紹介していきます!

パパ活 援助

援助してくれるパパはどんな人?

パパ活をする際に理想的なパパの条件は2つです。

それは、

イケメン
お金持ち

のパパです。
もし、どちらか一方を選べと言われたら、顔かお金の2つのうちどちらか1つを選びますか?

パパ活においては、それは間違いなくお金持ちです。実際、パパ活をしているパパはイケメンでないお金持ちの男性が多いです。

では、お金持ちの具体的な条件は何でしょうか。

年収1000万円以上だったり、年収500万円以上だったりこれは人それぞれです。
しかし、パパ活で安定的に支援してもらうには、最低でも月収100万円以上はほしいです。ここで、年収1200万円以上じゃダメなの?という疑問が出てきます。確かに、月収100万円以上は単純計算すると、年収1200万円以上になります。しかし、年収はボーナスも含みますので、パパ活をするときにいつも同じように支援してもらいたい人は、年収よりも月収の数字を意識したほうがいいと思います。
では、なぜ月収100万円以上なのか説明します。簡単にいうと、月収100万円以上稼ぎ始めると、貯蓄してもお金が余ります。つまり、月収100万円以上稼ぐ人は、いつでもお金が用意できるという状態にあります。したがって、パパを決める際は、月収100万円以上のパパにしましょう。

パパ活でパパが援助してくれる目的とは?

 パパに支援してもらうには、まずパパがなぜ女性を支援する目的を知る必要があります。

その目的は、

・エッチがしたい
・癒やしがほしい
・娘のように教育したい
・頼りにされたい

などがあります。

さらに、お金持ちになってくると、節税対策のためにパパをやっていたりします。それゆえ、お金持ちのパパは女の子を支援するというよりは、愛人感覚でお金を使っていたりもします。

パパの目的からもわかるように、パパは単にお金を払ってあげたい人間ではなく、パパの目的を満たすためにやっています。
その目的を把握して、ちゃんと応えるように振舞うことがパパ活でうまく稼ぐコツです。

パパが援助したがる理想的な女性になる方法

 パパの理想も目的同様、多種多様です。ただ、共通していえることは、かわいい、美人の女性の方がお金を使ってもらえます。しかし、外見って整形しないと、変えられないですよね。だったら、内面や対応を変えませんか?内面や対応だけでも理想に近づづけて、稼げるように頑張っていきましょう。

 それでは、具体的に内面や対応をどのようにすればよいのか紹介していきます。それは、簡単です。

自然体でいればいいのです。つまり、媚びないことです。

これは、パパ活をするうえでかなり重要です。
例えば、パパ活で丸1日デート、あるいはお泊まりで旅行することがあるとおもいます。そこで、ずっと媚びてしまうと、どうしても人間ってボロがでてしまうのです。そして、男はなぜかそこにとても敏感なのです。ボロがでてしまったとき、それは最悪の場合幻滅につながって、支援してもらえなくなります。なぜなら、パパにはほかの女がたくさんいるからです。つまり、ストックがたくさんいるわけです。

 ここで、パパ活をする上でのコツを教えます。それは、そのパパにとって1番になる必要はないということです。パパ活をするうえで、安定した収入、援助してもらうには、これが一番無難でかつ、正攻法といえるとおもいます。また、この章の最初のほうに書きましたが、パパの理想はたくさんあって1人1人違います。そのなかで、自分自身の自然体を受け入れてもらえるようなパパを探すことは難しいと思います。ただ、自然体というさりげなさは、男にとって信頼に繋がる非常に重要な要素になります。今パパ活をしていて、上手くいってない方は是非参考にしてもらいたいと思います。

パパに援助してもらおう!

 いよいよメインテーマです。どんなに自然体でも、パパにお願いをする方法が悪ければ、援助してもらえなくなります。援助してもらうコツは2つあります。では紹介していきたいと思います。

援助の依頼はまず少額から

 これは、パパと信頼関係を築くコツです。いくらお金を持っているパパとはいえ、初対面の女性にあれ買ってこれ買って、といったお願いをしていると最初の印象はとても最悪です。最悪の場合、お金をもらえないです。パパ活で安定して援助してもらえるかどうかは、最初のデートにかかっています。はっきり言って、最初のデートは何も頼まなくていいと思います。ただ、単純にパパとのデートを自然体で楽しむ。こうすることで、パパからプレゼントがもらえたり、高くておいしそうなご飯をごちそうしてもらえたりします。最初のデートでは、パパに好印象を持たせましょう。そうすることで、パパとの信頼関係ができ、次回以降のデートでは、援助してもらうことができます。またもらえるお金も増えます。とても良い信頼関係が築けた場合、家賃まで払ってもらえる可能性もあります。

 また、ここで信頼関係についてお話しましょう。パパ活で複数のパパを作ってお金をもらうこともあると思います。ただ、パパの作りすぎは注意です。なぜなら、パパというより、男というものは、女の浮気には敏感だからです。理不尽なことですが、パパはその女の子には恋人や、別のパパがいないと思って援助しています。パパが今援助している女の子に別のパパがいるとでもわかれば、どうなるか。もう言うまでもないですよね。だから、パパ活をするさいには、少人数のパパでパパ活をしましょう。少人数の具体的な数字は1~3人です。少数精鋭でパパ活をしていきましょう。

援助の依頼は間接的にふんわりおねがいしよう

 ふんわりした感じというのは媚びるという意味ではなく具体的でもなく抽象的でもないような感じでお願いするという意味です。ここで、悪い例と良い例を挙げたいと思います。シチュエーションとしては、パパからもらうお金を増やす場面です。

▼悪い例
「最近お金が少なくなってきたんだよね。もうちょっとお金ちょうだい。」
▼良い例
「最近生活がくるしくてさ。アルバイトを週5いれてもかつかつで最近元気でないんだよね。。。」
こんな感じで、ざっくりしつつも、お金が足りない状態がわかりますよね。また、悪い例には、お金という言葉があります。どうしても、お金という言葉には生々しさがありますよね。「お金あげるよ。」だと印象はいいですが、「お金ちょうだい。」だと印象がわるいですよね。
 また、男は「お金ちょうだい」という言葉を聞いてお金を出すのは、キャバクラや風俗嬢ぐらいにだけです。だから、パパ活でお願いするにはふわふわした感じ、つまりざっくりとすり込ませるような感じでお願いしてみましょう。

 パパの目的に応えてあげながらこの2つのコツを実践すれば、パパとwin-winな関係が築けると思います。あと、もちろんのことですが、援助、お小遣いをもらったら毎回お礼をしましょう。お礼の仕方は、デートが終わった後直接伝えたり、メールや電話で通信媒体を通してその日のうちに必ず伝えたりしましょう。

「パパ活で金銭の援助をしてくれるパパをつくろう!」のまとめ

 パパに援助してもらうには、パパの目的を正しく理解して応えて気持ちよく援助してもらえるように工夫することが、パパと良い関係を築くことに繋がります。

これを踏まえていれば、パパ活安定的な援助、収入を得ることができます。
 素敵なパパ活ライフを送りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする