愛人契約はパパ活よりも稼げる?愛人契約とパパ活の相場の違い解説!

パパ活と愛人契約は違うのでしょうか?また、稼げる金額も異なってくるのでしょうか?愛人契約とパパ活の違いを知り、安全に高額を稼げるようになっていきましょう!

愛人契約 パパ活 相場

”愛人契約”をしているパパ活女性っていくら稼いでいるのでしょうか?

食事とデートだけのパパ活さん達にとって、”愛人契約”は知らない世界。

”愛人契約”とは、定期的に会う、体の関係がありなパパ活と言えばイメージはつきやすいでしょうか。

パパ活ならそんなに怖くないけど、”愛人契約” はちょっと怖いしドロドロしそう。でも今の収入じゃ物足りない・・・そんなモヤモヤした気持ちの体の関係なしを希望のパパ活女性のために、今回は愛人契約の相場をお伝えします。

愛人契約の相場は5万円から

”愛人契約”の相場は1回5万円から。通常のパパ活は1.5万円から2万円なので、やっぱり高いですね。特に社長さんのような太パパと契約すると、1回でポンと10万円、中には100万円出してくれる人もいるとか。やっぱりお値段的には魅力ですね。

愛人契約の相場は地域によって違う

相場は都市部のほうが高いです。1回5万円というのは都市部の相場です。都市部はパパの数が違いますし、収入が多い人も都市部のほうが多いです。モデルや女優さんの卵のような、魅力的な女性も多いのも相場を引き上げている要因でしょうか。

一方、地方の相場は1回3万円ほど。ただし、”愛人契約”をする女性が少ない地方は別です。そもそも出会いたいパパの数に比べ、相手の女性が少ないので、交渉次第で相場を上げることは十分可能です。ですので、お住いの地域の相場をしっかり調べてから1回目の交渉することをおすすめします。

愛人契約の相場は年齢によっても違う

もちろん、年齢によっても違います。一番高値なのは20代前半です。いつの時代も男は若い女性が大好きです。これは若い女性のほうが健康な子孫を産んでくれる確率が高いはずだと、脳に無意識のうちに刷り込まれているからだと言われています。ですので、もしあなたが20代前半だとしたら、強気に交渉をしたほうが良いです。若さというのはそれだけで価値になります。1回10万円以上を狙っていってよい時期です。

いっぽう、20代後半の相場は1回5万円ほど。30代以上は1回4万円前後になります。注意したいのは10代。18・19歳の相場は30代以上と同じ4万円前後。昔は女子高生ブームもあり、若さあふれる10代の相場は高いイメージもありますが、今は厳しいです。

理由は子供すぎるから。”愛人契約”を結びたいと思う男性は、体以外のことも求めています。1回のデートで5万も10万も払うのですから、当然ハードルは高くなります。体だけの関係なら、プロの風俗にいったほうが”愛人契約”より安く質の高いサービスを受けられます。それでも”愛人契約”を結ぶのは、体だけでなく心のサービスも求めているからです。収入の多い男性は職場では敵やライバルが多かったり、家族サービスが十分にできず居心地が悪かったりでストレスをためている人が多いもの。そんな疲れた男性の心を癒やしてあげられる心配りは、やはり10代では難しいもの。20代以上の大人の考えを持つ女性が好まれるのもよく考えれば当然です。魅力的な愛人契約を結ぶには、大人の女性の思考を身につけるのが近道ということですね。

愛人契約なら、月100万円も狙える

勇気を出して、パパ活から愛人になる。そう決めたとしましょう。
どうせ決めたのなら、愛人契約で月100万を狙ってみましょう。普通の子でも、月100万円を稼ぐ女性は数多くいます。

月100万になるケースを考えてみると

・1回5万円 ☓ 4回 ☓ 5人 = 100万円

週1回、5人のパパと会うペースですね。

もちろんパパによっては、1回10万円出してくれる人がいたり、金額以外にも食事やプレゼントを買ってくれる人もいます。あくまで現金でもらう目安ですね。

しかし、自分も働きながら週5日替わりで5人のパパと会う。けっこう大変です。仕事や大学に行きながらならなおさら。若いうちはこなせても、少しずつ体に負担がきそうで、あまりオススメできません。

実際問題、愛人契約で月100万円超えているケースを見ると

・1回10万円 ☓ 4回 ☓ 3人 = 120万円

週1回、3人のパパと会うペースですね。

これなら週3回なので、仕事も大学もプライベートも今まで通りで、無理なく続けられるようです。高収入で愛人契約を長続きさせている人は、最初は多くても、徐々に減らして2~3人に落ち着くようです。

愛人契約の相手を探すには?

パパ活から、”愛人契約”にするのが一番です。パパ活の間に、信頼できる男性かどうかを見極める。いわばパパ活をオーディションにすれば良いのです。もちろん貴女もパパにオーディションされています。「この娘と愛人契約したい!」と思わせる魅力を与えていないと、男性も今以上にお財布を開いてくれることはありません。

愛人契約の注意点

愛人契約といっても、関係はさまざま。体の関係なくパパ活の延長のようにデートや食事だけという契約もあります。「若い子は好きだけど、性欲はなくなった」という年配の男性に見られるケースです。こういう紳士的な男性を見つけられたらラッキーです。それに愛人契約は少ない相手と長くお付き合いできるので、深くお互いを知ることができます。一つの出会いを大切にしたい女性におすすめです。

しかし、愛人契約には注意点があります。
相手が既婚者の場合、奥さんにバレたら大変なことになります。あなたは不倫相手となり、慰謝料を請求されれば100%支払う義務があります。職場や友人、家族に知られればとても弱い立場に追い込まれることもしっかりと覚悟しておくべきです。

愛人はあくまで愛人。奥さんや家庭を優先させることができなければ、愛人契約は成り立ちません。そんな脇役の存在であることを割り切れる意志の強さも必要です。情が深くなり、男性を自分のものにしたい。そんな気持ちを抑えきれず、奥さんと家庭にあなたの存在を見せようとしたら不幸の始まりです。上記の制裁がブーメランのように帰ってきて、あなたの心も体も八つ裂きにしてしまうでしょう。

参考までに、パパ活であれば法に触れることはありません。食事やプレゼントをもらうのはお互い騙してる訳ではないので「詐欺罪」に問われることはありませんし、体の関係を持たなければ「売春防止法」に触れることもありません。ですので「法律に触れるかもしれないのはちょっと・・・」という人は愛人契約はしないでおいたほうが安心です。

「愛人契約はパパ活よりも稼げる?愛人契約とパパ活の相場の違い解説!」まとめ

愛人契約をしているパパ活女子は1回3万円~10万円以上稼いでいることが分かりました。2~3人の素敵なパパさんと出会えれば、月100万円以上も夢ではない愛人契約。モデルやグラドル、女優さんなどの芸能人なら、さらに何倍にも跳ね上がります。

しかし、最も怖いリスクが法律違反です。
奥さんに見つかれば「不法行為による損害賠償請求」で100万円以上請求されることは普通です。「売春防止法」に抵触する可能性もありますし、パパとの関係によっては「詐欺罪」も合わせて訴えられる可能性もあります。

貴女の社会的な信用もなくなります。
ことことが大学や職場に知れ渡れば「不倫女」のレッテルを貼られます。「人の不幸は蜜の味」とはよく言ったもの。他人の不幸話はあっという間に広まりますし、好き勝手に話を盛られて心に深い傷を残すことになるかもしれません。

どれを選ぶのも貴女の自由です。しかし愛人契約を結ぶ場合は、そのメリット・デメリットをよく考え、最悪の結果になっても責任は自分が引き受ける覚悟をもってはじめてください。そこまで覚悟してれば怖いものはありませんし、ドロドロになった場合も深く傷ついて再起不能になることも避けられます。どうせ結ぶなら「昔、愛人契約なんてしてたな~」なんて思い出して笑い飛ばすくらいの勢いで楽しく愛人活動しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする