NHK”ねほりんぱほりん”でパパ活特集!1ヶ月で50万円稼ぐパパ活女子。

「ねほりんぱほりん」(毎週水曜夜11:00-11:30、NHK Eテレ)は、顔出しNGの訳ありゲストに、司会のYOUさんと南海キャンディーズの山里亮太さんが“ねほりはほり”聞き出す新感覚のトークショーです。2017年11月1日の放送では、今話題の「パパ活女子」が取り上げられました。

そもそもパパ活とは?

パパ活とは、援助交際とは違い一般的には肉体関係を伴わず、デートや食事を中心とする交際を通じて、女性が男性(パパ)から金銭援助を受ける行為をことを指します。

”ねほぱほ”に出ていたパパ活女子マナミさんとは?

ゲストとして登場したマナミさんは、20代半ばで金融関係の営業職に務めているそうです。司会のYOUさんと山里さんによると、優しそうな雰囲気で、幼稚園の先生のようと言います。マナミさんのパパ活歴は2年半で、パパの数は5人だそうです。

5人のパパのうち、3人は1回ごとにお金をくれる「都度パパ」で、1回約2時間でもらう金額は、Aさんからは1万5000円、Bさんからは2万円、Cさんからは3万円だそうです。

残りの2人は、月間の金額が決まっている「月極めパパ」で、Dさんからは週3食事で月30万円、Eさんからは週1回食事で6万円。5人からの一ヶ月のお小遣い合計は50万円を超えているそうです。

さらに、先日は会った際のお小遣いだけでなく、引っ越し費用や家電購入のために100万円を出してくれたパパもいたそうです。

また、別のパパ活女子のフミカさんは、25歳子持ちの専業主婦で、パパ活歴は7年だそうです。現在は2人のパパがおり、一ヶ月のお小遣いは計30万円と言います。

”ねほぱほ”に出ていたマナミさんがパパ活を始めた理由とは?

マナミさんは、過去に学費が払えず専門学校を中退したり、手取り14万の事務職で働くなど貧しい生活を送っていたそうです。そこで掛け持ちで始めたガールズバーのアルバイトで、お客さんの男性にハンバーガーを買ってもらい喜んだところ、男性も嬉しそうで、「男性は(女性に)喜ばれるのが好きなんだな」と気付いたことが大きなきっかけでもあったと言っています。

”ねほぱほ”に出ていたマナミさんが伝授するいいパパに出会うコツとは?

マナミさんは三社のパパ活の出会い系サイトに登録しているそうです。そんなマナミさんによるいいパパに出会うコツは以下になります。

プロフィールの書き方

いいパパを見つけるにあたって重要なのは、サイトに載せるプロフィールだそうです。ポイントとして、

・話がわかる賢い女性をアピール

例: 今は金融とお料理の勉強をしています。

・遊ぶ金目的ではなく目標がある健気さをアピール

例: いつかは大学に通ってもう一度しっかりと勉強をし、栄養士の資格を取ることが目標です。

・(胸の)カップ数を出すとたくさんメールがくる

例: むっちりしているのでEカップはあります。

・外見に期待させすぎない

例: いたって普通のOLなのでスタイルがいいとか特別な美貌はないですけど、まったりした性格なので家庭的なところや癒しは与えられるのではないかと思います。

・お金のない20代にふるいをかける

例: 30〜50代で定期的にお会いできる方募集してます☆

選び方

そんなマナミさんのプロフィールを見て、メールしてくる男性は120人もいるそうです。その中からいいパパを選ぶコツは、

・長文メッセージの人

長文の人は丁寧さが表れている気がして安心感があるからだそうです。

・趣味

趣味でお金を持っているか判断するそうです。

”ねほぱほ”に出ていたパパ活女子たちのテクニックとは

パパを喜ばせるテクニック

25歳専業主婦のフミカさんは、パパが務めている企業のニュースをチェックしているそうです。そうすると話が弾み、パパを喜ばせることができるそうです。

継続的に援助を受けるテクニック

バックやアクセサリーは一度買ってもらうと以前買ったからと買ってもらえなくなってしまうので、消耗品を買ってもらうそうです。

一線を超えさせないテクニック

肉体関係を持たないと言うマナミさんですが、パパから肉体関係を求められることもやはりあるそうです。そうならないために、手を繋がれないよう相手がいる方の手でバッグを持ったり、デートではカラオケなどの個室を避けて、騒がしい焼き肉屋を選ぶなどして一線を越えさせない努力しているそうです。

もう一方のパパ活女子のフミカさんは、ホテルなどに誘われたとき、子供のお迎えの時間を知らせる電話がスマホにかかってきた、などと嘘を言ってその場を逃れた経験を語っていました。

彼氏にバレないようにするテクニック

パパ5人と彼氏がいるマナミさんのスケジュールはぎっしりで、一ヶ月のうち、パパとの予定で20日埋まることもあるそうです。

スケジュールにパパとの予定を書くときは、彼氏にバレないように企業名で書くそうです。

”ねほぱほ”のパパ活特集・・評判は?

司会者の二人はパパ活の危険性を指摘しましたが、マナミさんは危険性への理解を示しながらも、「金銭的にやめられない」「(今さら時給ウン百円でバイトするのは)無理です」と述べていました。

そんな麻薬のようなパパ活ですが、視聴者の評判はどのようなものだったのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする