貯金のため?最近流行中のパパ活とは?

パパ活とは?

パパ活とは、男性と時間を一緒に過ごす(お食事やデート、性行為等)ことでお手当をもらう活動のことです。
昔から、女性がお手当を受け取る目的で性行為などを行うことを”援助交際”と呼ばれていましたが、
性行為よりもソフトな、お食事やデート等をして一緒に過ごすことでお手当を受け取る行為のことを”パパ活”というオブラートに包まれた言葉が使われることで一般化してきました。

なので、パパ活の中にも”体の関係あり”(援助交際)、”体の関係なし”の2種類が存在し、もらえるお手当の金額が大きく異なります。
お手当の相場はまだ存在せず、パパとなる男性との交渉で決まります。
相場はないとはいえ、体の関係ありだと都度3~4万円、体の関係なしだと1万円と言われており、
これを基準に多くの交渉が行われてるのが現状です。

パパ活の実態とは?

パパ活でやりとりされている金額の基準値をパターン別に紹介します。
パターンは全部で4つあり、体の関係があるかどうか、パパと会うのが定期か不定期かによって分類します。

①体なし 不定期に会う場合 1回1万円前後

初めて会う場合や1度きりの相手なら相場は大体1万円程度です。
初めてのパパと会う際はこのパターンから始まることが多く、”顔合わせ”と呼ばれたりもします。

”顔合わせ”では男性の収入によらず金額が1万円前後に落ち着くことが多いので高額な金額を狙うのではなく、ちょっと高級な食事をおごってもらうことをメインとしつつ、定期パパになってもらうためにパパをどう喜ばせてあげれば良いかを考えて工夫してみてください。
もし相手が自分の事を気に入ってくれれば、定期的に会う相手に昇格できる可能性もありより稼ぎやすくなります。

②体なし 定期的に会う場合 5~10万

パパに気に入られて定期的に会う関係のオファーを受けた場合、5~10万円以上が期待できます。
ただ食事やデートをするだけで、こんなにもらえるならパパ活は簡単だなと思うでしょうが、
男性は新しい女性を見つけたり飽きたりしてしまうため、定期的に会う関係を続けることは非常に難しいです。

また、定期的なデートを重ねていくうち、恋愛感情を持たれてしまい体の関係を求められたり、お金をこれだけ払ったのだからエッチさせろと主張してきたり、態度を急変させるリスクも高くなります。

定期的に会うだけでそこそこお金をもらえ、身体の関係も持たずにすむ相手を見つけることと維持することが一番難しいので、
幸運にも優しいパパ活相手を見つけたのなら大切にしてください。

③体あり 不定期 4万円前後

体ありで不定期な関係の場合、4万円が受け渡しされることが多いです。
ここであまりにも安い金額で妥協してしまうと、パパ活相手が見つからない焦りから4万円以下でも承諾してしまうようになってしまいます。
なかにはホテル代込みで2万円などの安い金額を提示してくる男性もいますが、この場合応じても値切られかねないので、返信することなく無視してしまいましょう。変な焦りがあると自ら値下げしそうになりますが、自分の価値を維持するためにも安売りしないように注意しましょう。
体ありにすると高額が稼げますが、精神的な負担が大きいため続かない人が多いので慎重に体ありか体なしか選びましょう。

④体あり 定期 10万円以上

パパ活をしている人の中には、パパひとりから月額2,30万のお小遣いをもらっていたり、マンションをもらっていたりする女性がいますが、その女性のほぼ100%が”体あり 定期”に当てはまります。この領域に入るとお小遣いをくれるパパという関係ではなく、愛人になります。

パパ活は誰がなんのためにしてるの?

もともと売れないアイドルがお金にゆとりのある男性の愛人契約を結ぶことで高額のお手当をもらっていたところから、いまでは学生やOLまで普及しています。目的は様々で、整形費用や留学費用を貯めたりする方もいれば、生活費や貯金のためのしている女性もいます。パパ活をすでにしている女性とこれからパパ活を始めたいと考えている女性100人に伺ったのですがほとんど生活費や貯金のための”安定”を求めてパパ活をされていました。

でも、貯金や生活費のためにパパ活をしていたのに欲しい服やバッグを買っちゃった・・・と浪費してしまうことも多々ありますよね。せっかく稼いだお金なので計画的に使ったり、貯金するようにしましょう。みんかねというお金のメディアの無料で使える人気おすすめ貯金アプリ15選【iPhone&Android】という記事で貯金したい方向けにアプリなどが紹介されているので、ぜひあわせて参考にしてください。

パパ活はどんな男性がなんのためにしてるの?

経営者や企業の部長クラス等のお金に余裕のある男性が、褒めてもらったり話を聞いてもらいたいといった自分の承認欲求を満たしたり、夢を追って努力している女性を支援するためにパパ活をしていることが多いです。なので、パパに気に入られるためには相手の承認欲求を満たすためにはどうすればよいのかを考えて工夫したり、自分の夢に向かって頑張っていることアピールをすると有効かもしれません。

パパ活ってどうするの?

具体的にパパ活をし始めるのにあたり、一番重要なことはパパを探し出すことです。
パパを探す5つの方法を紹介していきます

①twitter
 自分の身元がわからない裏アカウントを利用して、パパ活についての口コミやリアルな情報が溢れています。多くの方は情報収集に利用するのですが、twitterでパパを探されている女性がごく少数ですが存在します。私が調べる限り、出会い系アプリに登録できない18歳未満の方や高校生がこの手法を利用していることが多いです。誰でも利用できるのですが、男性の身元が全く不明なので一番不安度が高い手法です。

②出会い系アプリ/出会い系サイト
 もっともポピュラーな手法でパパ活をされている方は、女性男性問わずこの手法を利用している方が多いです。
「金銭的に余裕のあるかたを探しております」、「私の夢をご支援していただける方お待ちしております」等、パパ活をしている女性特有なプロフィールや、掲示板への書き込みによりパパを探します。出会い系アプリ/出会い系サイトは他SNSと連携してログインするものが多いため、身元情報が多少わかります。顔写真を登録されている男性もいますので、twitterよりも安心して気軽に始められる手法です。

③交際クラブ/デートクラブ
 交際クラブ/デートクラブは、登録している男性と女性の初回デートをセッティングしてくれるサービスなのですが、個人情報の登録・面接やプロフィール写真の撮影をする必要があるため、登録する手間がかかります。また、特徴としては”体の関係あり”のパパ活前提で登録しなくてはデートのオファーが男性から届きにくいという特徴があり、”体の関係なし”でパパ活をしたい方にとっては不向きな方法かもしれません。
詳しくは”交際クラブとは?登録者100人にインタビューしてみた!”で解説していますので、参考にしてください。

④知り合いの紹介
 パパになってくれる男性(主に経営者や企業の部長クラス)に知り合いからパパを紹介してもらう方法もあります。①〜③の手法に比べると非常に稀なケースです。

⑤自分でハンティング
 パパになってくれる男性を自ら直接探す方法です。ナイトワークをされている方がお店の常連客を自分のパパにしたり、経営者が参加するようなパーティに参加して逆ナンパをしたりとすることでパパを探せます。これも①〜③の方法と比べるとできる人が限られているので、稀なケースです。

5つの方法を紹介しましたが、この中で一番手軽に始められるのは②出会い系アプリ/出会い系サイトです。
オススメアプリと具体的なパパの探し方については”【身バレせず、安心して高収入】おすすめパパ活アプリ10選!”を参考にしてください。

実際にパパ活をしている人の声

男性への細かい対応の仕方やパパの探し方等のノウハウや、パパ活での口コミや愚痴はtwitterに一番溢れていますが、
パパ活用のアカウントが増えてきているため有益な情報を見つけることが難しくなってきています。
そこで私が独自にまとめた有益な情報を流してくれるアカウント10選もこちらにまとめていますので、
【最強アカウント10選】パパ活の仕方はtwitterで学べ!”参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする