Tinder(ティンダー)でのパパ活!メリット・デメリットを徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Tinder(ティンダー)でのパパ活!メリット・デメリットを徹底解説!

「Tinder(ティンダー)でパパ活はできるのか?」と疑問に思ったことはないでしょうか?

結論から述べると、おすすめはしませんが、可能ではあります。

本記事では、稼ぐためのコツや注意点、おすすめしない理由をお伝えします。

迷っている方は、パパ活専用アプリ、もしくはパパ活人口の多い出会い系サイトを利用するのがおすすめです。

パパ活アプリ・パパ活サイトについては以下の記事をご覧ください。

執筆者

この記事のライター:渡邊
この記事は、10種類以上のパパ活サービスを利用した執筆者自身の経験からくる知見を元に執筆しています。また、現役パパ活女子・現役Pさんによる口コミやブログを徹底調査し、リアルな意見を集めてきました。さらに、実際にアンケート調査インタビュー調査も行っております。ぜひ、参考にしてくださいね。

目次

Tinder(ティンダー)の基本情報

tinder パパ活
サービス名Tinder(ティンダー)
運営会社MG Japan Services 合同会社
公式ページURLhttps://tinder.co.jp/
運営責任者石橋 準也
本社所在地東京都港区三田1-4-1住友不動産麻布ビル4F
設立2019年8月
事業内容マッチングアプリTinderの運営
インターネット異性紹介事業届出認定番号30200057000

Tinder(ティンダー)は累計マッチ数550億を突破した世界中で人気のマッチングアプリです。日本国内でもTinder利用者は非常に多く、マッチングしやすいのが魅力です。GPS機能によって自分と相手の距離がわかるため、近くにいる人とすぐに会えます。

男女ともに基本無料で利用でき、本人確認などの面倒な手続きもないため、マッチングアプリ初心者でも気軽に登録できます。

Tinder(ティンダー)でパパ活できる?

結論から言うと、Tinder(ティンダー)でパパ活をすることは可能です。実際にTinder(ティンダー)を利用しているパパ活女子もいます。

しかし、Tinder(ティンダー)は基本的に金銭のやり取りをしない出会いを目的として10代〜30代を中心に利用されているアプリです。

パパ活を前提として登録している男性は多くありません。そのため、パパになってくれる男性は探しにくく効率は悪いでしょう。また、若い男性利用者が多いため、たくさんお手当をくれる裕福な太パパはほぼ見つかりません。

Tinder(ティンダー)でパパ活をするメリット

  • すぐ会える
  • 返信率が高い
  • 監視がゆるい

マッチングアプリであるTinder(ティンダー)を利用したパパ活にはメリットもデメリットもあります

まずはTinder(ティンダー)を利用したパパ活のメリットを解説します。

すぐ会える

なんと言っても、いつでもすぐに会えるのがTinder(ティンダー)の魅力です。

Tinder(ティンダー)は日本のマッチングアプリの中でも特に会員数が多く、100万人近い利用者がいます。そのため、いつでもどこでも誰かと時間が合い、会える人が見つかります。

一般的なパパ活では、数日前から約束をしてパパと会います。しかし、Tinder(ティンダー)であれば、マッチング数が多いため即日でも会える人が見つかります。急に暇になってしまった時にパパ活をしたい場合などに有効ですね。

返信率が高い

tinder ティンダー パパ活

Tinder(ティンダー)のもう一つの魅力として、男性からの返信率の高さが挙げられます。返信がないと実際に会う約束ができないため、返信率の高さはパパ活をする上で重要です。

他のパパ活アプリでは男性は有料会員にならなければ女性にメッセージが送れません。しかし、Tinder(ティンダー)は男性も無料でメッセージ機能を利用できるため、返信率が高いのです。

監視がゆるい

Tinder(ティンダー)はマッチングアプリの中でも運営による監視が緩くパパ活がしやすい環境です。

多くのマッチングアプリでは売春行為に当たりうるパパ活を禁止しています。また、一般的なマッチングアプリでは運営がプロフィールやメッセージを監視しているため、パパ活をしているとすぐに運営にバレてしまい、退会させられてしまいます。

Tinder公式も建前上パパ活は禁止していますが、実際ほとんど取り締まりは行われていません。堂々とプロフィールに条件やお手当について書くと強制退会させられてしまう場合もあるようですが、遠回しな表現を使えば基本的に大丈夫です。

Tinder(ティンダー)でパパ活をするデメリット

  • 男性の質が低い
  • パパを探すのが面倒
  • 食事のみのパパ活は難しい
  • 条件検索ができない

メリットもあるTinder(ティンダー)でのパパ活ですが、基本的にはあまりおすすめできません

以下ではその理由を解説していきます。

男性の質が低い

Tinder(ティンダー)の男性利用者は他のマッチングアプリやパパ活アプリに比べて質が低い傾向にあります

Tinder(ティンダー)は男性でも無料で利用できるため、所得が低い男性やパパ活をするほどの財力がない若い男性も多いです。本人確認など運営による安全管理がほとんどないため、プロフィール画像や年齢を偽った悪質な利用者もかなりの割合で潜んでいます。

やり逃げ、食い逃げされたというパパ活女子による口コミも数多く見られました。お手当を渡してくれる男性ばかりではないことに注意しましょう。

パパを探すのが面倒

Tinder(ティンダー)はパパ活専用アプリと比べ、パパを探すのに手間がかかります

Tinder(ティンダー)は国内マッチングアプリでもダントツの会員数ですが、パパ活を目的として利用している男性はかなり少ないです。そのため、パパと自然とマッチするのはかなり難しいでしょう。

プロフィールに遠回しにパパ活をしたい旨を記載しておき、お手当をくれそうな男性を女性側からも積極的に探す必要があります。

食事のみのパパ活は難しい

tinder ティンダー パパ活

Tinder(ティンダー)は、体の関係を前提として利用している男性が多いです。そのため、パパ活をしてくれる男性を見つけられたとしても体の関係を求められる可能性があります。

一回きりの体の関係にお金を払ってくれる男性が見つかったとしても、Tinder(ティンダー)で出会った男性と継続してパパ活をするのは難しいです。

Tinder(ティンダー)では太パパや定期パパとは出会えないと思っておくべきでしょう。

条件検索ができない

Tinder(ティンダー)は条件で相手を絞り込む条件検索機能がありません

一般的なマッチングアプリやパパ活アプリでは条件検索を使えるため、裕福な男性を探すことができます。しかし、Tinder(ティンダー)では相手の条件を年齢と性別でしか絞り込めないため、マッチしてやり取りするまで相手が裕福な人かはわかりません。

Tinder(ティンダー)でパパ活をする財力のある人を探すのはかなり面倒だと言えるでしょう。

Tinder(ティンダー)でのパパ活の注意点

Tinder(ティンダー)はパパ活専用アプリではないため、利用するときに気をつけるべき注意点が2つあります。

  • パパ活を明確に表現しない
  • 強制退会後は再登録できない

以下ではそれぞれ解説していきます。

パパ活を明確に表現しない

Tinder(ティンダー)では、公式にはパパ活は禁止されています。そのため、プロフィールやメッセージでパパ活をしていることがはっきりとわかる表現を使うのは控えましょう。

もしパパ活をしているとバレてしまうと、Tinder(ティンダー)運営によって強制退会させられる可能性があります。

パパ活をしていると運営からわからないように遠回しな表現でプロフィールに記載し、メッセージでも、あからさまなやり取りをしないようにするのがおすすめです。

強制退会後は再登録できない

もしパパ活をしていることがバレてしまい、強制退会させられるとTinder(ティンダー)アカウントが削除されます。

Tinder(ティンダー)は、一度強制退会させられた会員の再登録を禁止しています。自ら退会した場合には再登録可能ですが、一度強制退会させられたら、メールアドレスを変えたとしても再登録することはできません。

将来的に普通の出会い目的でTinder(ティンダー)を使いたいと思ったとしても、強制退会させられると再登録できないのです。強制退会は1番避けたい事態なので、今後利用する予定があるならリスクが大きいでしょう。

Tinder(ティンダー)でのパパ活の口コミ

Tinder(ティンダー)でのパパ活については悪い口コミが目立ちました

こちらの口コミのように、やはりTinder(ティンダー)ではパパ活を前提としていない男性が多いようです。

また、Tinder(ティンダー)でパパ活をする女性を馬鹿にするような口コミも目立ちました。

Tinder(ティンダー)に関しては、とにかくやり捨てされたという悪い口コミが目立ちました。

継続的なパパ活をしたい女性や、体の関係を持ちたくない女性はTinder(ティンダー)を利用しない方が良いでしょう。

Tinder(ティンダー)でパパ活をする方法

  • プロフィールの設定をする
  • パパ候補とマッチする
  • やりとりする

Tinder(ティンダー)では効率が悪いものの、シンプルな手順でパパ活を始められます。ここではTinder(ティンダー)でパパ活をする手順を解説していきます。

プロフィールの設定をする

まずはプロフィールを設定しましょう。Tinder(ティンダー)ではプロフィールにパパ活目的であることを書いておくのがおすすめです。

Tinder(ティンダー)はパパ活を目的としていない利用者が多いため、プロフィールでパパ活目的だとわかるようにしておかないと、パパ活を目的としない人とマッチしてしまいます。パパ活を目的としない人とマッチするとお互いに時間の無駄になり効率が悪いです。

ただし、パパ活目的であるとはっきり書くと運営に通報されてしまう可能性があります。遠回しな表現にするよう気をつけましょう。

パパ候補とマッチする

プロフィールを設定したら、お手当をくれそうなパパ候補とマッチしましょう。

Tinder(ティンダー)は利用者数が多いのでマッチするのは簡単です。しかし、パパ活女子にとってはお手当を渡してくれる男性とマッチしなければ意味がありません。

男性のプロフィールを確認し、パパ活に適した年齢か、金銭的余裕はありそうか、話や趣味は合いそうか参考にしながらマッチする相手を選びましょう。

やりとりする

Tinder(ティンダー)ではマッチしてからメッセージが送れるようになります。メッセージが送れるようになったら、改めてパパ活を希望していると伝えましょう。

男性からの了承が得られたら、お手当や条件の交渉をしていきます

Tinder(ティンダー)でパパ活をするコツ

  • パパ活であることを伝える
  • お手当額は認識を合わせる
  • プロフィールからパパ候補を絞り込む
  • 積極的にアプローチする

Tinder(ティンダー)は本人確認がなかったり、純粋な出会いを求めている利用者がいたり、パパ活アプリとは異なる点がいくつもあります

ここでは、Tinder(ティンダー)を利用してパパ活するときのコツを紹介します。

パパ活であることを伝える

Tinder(ティンダー)を利用するときに一番重要なのはパパ活目的であるとはっきり伝えることです。パパ活目的でない男性も多いため、認識をそろえておかないとトラブルにつながる可能性があります。

マッチしたらできるだけすぐにパパ活目的だと伝えるようにしましょう。メッセージのやり取りを進めてから伝えると、相手がパパ活のつもりではなかった場合に時間の無駄になってしまいます

メッセージも運営から見ることができるため、はっきりと書きすぎないように注意しましょう。パパ活をしていることがバレると強制退会させられる可能性があります。

お手当額は認識を合わせる

パパ活目的だと確認できたら、お手当の金額の認識を合わせていきましょう。お手当額の認識が異なっていると、想定しているよりもかなりお手当がもらえなかった、などのトラブルが起きることがあります。

Tinder(ティンダー)はパパ活を目的としていない利用者が多いからこそ、相場がはっきりしていません。お金の話をするのは気が引ける女性もいるかもしれませんが、自分が損しないためにも事前に必ず確認しておきましょう。

特に、Tinder(ティンダー)では体の関係を求めてくる男性が多いため、体の関係をもつかどうかもはっきり伝えておきましょう。

プロフィールからパパ候補を絞り込む

tinder ティンダー パパ活

Tinder(ティンダー)では細かい条件検索ができないため、プロフィールを参考にしてパパ候補を絞り込んでいきましょう。パパ活を希望しているかどうか、お金を持っていそうかどうかが着目するべきポイントです。

Tinder(ティンダー)では細かい条件検索はできませんが、年齢でマッチする相手を絞り込むことが可能です。若い男性は経済的に豊かな可能性は低いため、35歳以上を目安に絞り込むことをおすすめします。

パパ活では、女性側がどれだけ努力しても、男性側が裕福でないと稼げません。プロフィールやメッセージでのやり取りで裕福な男性を探しましょう。

積極的にアプローチする

Tinder(ティンダー)でのパパ活では、女性側から積極的にアプローチする必要があります。

Tinder(ティンダー)は会員数こそ多いものの、パパ活を目的としてる男性はかなり少ないです。

パパになってくれそうな年齢の男性や、プロフィールを設定している男性へ、自分から積極的にライクとメッセージをしていきましょう。

Tinder(ティンダー)でのパパ活はおすすめしない

今回は、Tinder(ティンダー)でのパパ活について紹介してきました。Tinder(ティンダー)でのパパ活は可能ですが、あまりおすすめできません

Tinder(ティンダー)はパパ活を目的としていない男性利用者が多いため、相手を探すのが難しく、効率が悪いです。また、本人確認などがなく、運営の管理も緩いため、安全面での不安もあります。

効率よくパパ活で成功するなら、断然パパ活アプリがおすすめです。

稼ぎたいならパパ活アプリ・サイトがおすすめ

稼ぎたい女性はパパ活専用サービスを利用しましょう。その中でも、利用者が多く運営による管理がしっかりしているSugarDaddy、Love&、paddyがおすすめです。

  • SugarDaddy(シュガーダディ)
  • Love&(ラブアン)
  • paddy(パディ)

安心の老舗パパ活アプリSugarDaddy(シュガーダディ)

シュガーダディーの表紙

SugarDaddyは、パパ活女子の間で「シュガダ」と略されるほど知名度の高いパパ活サイトです。知名度が高いぶん男性からの信頼も厚く、高収入な男性も多く登録しているのが特徴です。

またシュガーダディには通報機能があり、相手が通報を受けた回数が表示されるので、事前に危険な人物を避けやすいのも特徴です。

羽振りの良いパパと安全にパパ活をしたい女性におすすめです。

\男女ともに使いやすいパパ活アプリ/

>>>公式サイトへ移動

シュガーダディの口コミ・評判について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

便利な機能満載のLove&(ラブアン)

ラブアンの表紙

Love&(ラブアン)は2019年の3月にリリースされた、比較的新しいパパ活サイトです。

通常パパ活アプリは男性よりも女性が多く、良い条件の男性は競争率が高くなりがちです。しかしラブアンは動画プロフィールなどの他のアプリにはない機能が男性に人気なので、理想のパパとマッチングできる可能性が高いです。

\対面でのパパ活はハードルが高いなら

>>>公式サイトへ移動

ラブアンの口コミ・評判について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

すきま時間でパパ活できちゃうpaddy(パディ)

パディロクナナの表紙

paddyは会員数が約100万人いるので、数いる男性の中から自分の条件に合う男性を選べます。年収証明をしている男性に絞り込んで探せるので、高確率で羽振りの良いパパに出会えるのも魅力です。

また、パディには「シークレットモード」が掲載されていて、モードを選択すると自分から「いいね」を送った人にだけプロフィールが表示されるので、知り合いにバレたくない方にもおすすめです。

\すきま時間を無駄にしたくない多忙な方に/

>>>公式サイトへ移動

パディ67の口コミ・評判については以下の記事をご確認ください。

Tinder(ティンダー)でのパパ活のよくある質問

Tinder(ティンダー)でパパ活はできますか?

公式では禁止されていますが、実際にTinder(ティンダー)を利用してパパ活をすることは可能です。ただし、効率が悪いため、おすすめできません

Tinder(ティンダー)は再登録できますか?

強制退会させられてしまった場合には再登録できません

Tinder(ティンダー)はパパ活アプリですか?

Tinder(ティンダー)はパパ活アプリではなく、マッチングアプリです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次