パパ活をしているのは女子大生・OL?

パパ活 パパ

パパ活をしている女子大生・OL?

メインは女子大生〜OLの20代前半が多いが、最近は女子高生にまで普及している。
(twitterのアカウントをいくつか引用できたらいいですね)

最近よく聞くパパ活。
どんな女性が利用しているのでしょうか。

圧倒的に多いのはお金の為にパパ活をする女性。
20代女性の平均月収が18~25万と言われています。
ここから家賃や水道光熱費、食費、通信費、交際費などを差し引けば手元に残るお金は微微たる額になってしまいます。

次に多いのは贅沢を経験する為にパパ活をする女性。
有名ブランドのバック、靴、おしゃれなお店での飲食。
これらにお金をかけたい女性も多いのです。

次は人脈の開拓の為にパパ活をする女性。
将来明確な夢がある女性は起業家や資産家のパパを持つことでその現実性がいっきに高まります。

お金の為だけではなく、夢の実現のためパパ活をする女性も沢山います。

▼パパ活についてより詳しく知りたい方は

パパ活女子337人に聞いた❤️おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング


パパ活女子337人に聞いた❤️おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング

パパ活女子のパパの探し方

出会い系サイト、専用サイトの掲示板、サイトを利用せずSNSを活用する方法

①twitter


https://twitter.com/xzx777xzx777″


②出会い系アプリ

PCMAX、ワクワクメール、ハッピーメール、

③掲示板(出会い系サイト)

PCMAX、ミントC!Jメール、ワクワクメール、イククル、YCC

④交際クラブ

ユニバース倶楽部、PRINCESS (プリンセス)、DELUXE交際倶楽部

⑤キャバクラやラウンジのお客さん

男性の年収→平均300~500万円、年収900万円以上の男性は全体の15%ほどです。
男性の職業→IT関連から土木現場作業員まで職種は幅広いですね。
男性の利用目的→一夜限りの関係が大多数、続いて多いのは出会い探し。
男性が求める女性→「一緒にいて楽しい」「趣味が合う」などの意見が多いです。

パパ探しは自分にあった方法を見つけよう

各探し方にメリット・デメリットがあるから
自分の目的や利用方法にあった方法を見つけよう

パパ活希望の女性が比較的安全に出会いを求めるなら「交際クラブ」に登録をするのが良いようですが、交際クラブのほとんどが未成年者の登録を受け付けていません。
出会い系サイトは、全国どこでもパパ活が可能です。年齢制限は18歳以上(高校卒業済)で、出会い系サイトの中には20歳以上の年齢制限を設けているサイトも存在します。交際クラブより比較的簡単に登録できるようですね。しかし『簡単』に登録できるという事はそれだけリスクにさらされるというデメリットもあります。
交際クラブの場合、パパになる男性がどういう人物か、危険人物でないかを最低限チェックするそうです。しかし出会い系サイトは男性をチェックするスタッフがいません。女性が自分の判断でパパと契約を結ぶのです。
そのためトラブルも多いのです。「金銭的余裕がないのに富裕層のふりをする」「性的関係だけが目的で女性に性暴力を振るう」「覚せい剤などの薬物常習者」「金銭を払わず逃亡する者」出会い系サイトでパパ活を考えている女性はパパになる男性をしっかりと見極める事が肝心です。

“## まとめ
一昔前までは、「愛人契約」「援助交際」と言われていた事が最近では「パパ活」と名前を変えて若い女性の間に広がっています。

「肉体関係を結ばないなら浮気でも不倫でもない。慈善事業のようなもの。」
「援助交際はセックスしてお金をもらう事でしょ?パパ活は違うよ。」

確かにパパ活をしている女性の中では肉体関係なしでお金を得ている方もいると思います。
しかしその女性たちは「体」ではなく、「教養」や「容姿」「愛らしさ」などを武器にパパ活で成功しているのです。
危険な思いをせず、一定の報酬を得られている女性は一握りで実態は危険が伴うものばかりです。
「海外旅行に行きたい」「自分への自己投資にお金がほしい」「老後のために資金を貯めたい」などパパ活をする女性の理由は様々ですが、私が思ったのは『リスクを冒してまでお金がほしいのか?』という事です。
知り合った男性に殺されるかもしれない、男性がストーカーになるかもしれない、危険な事に巻き込まれるかもしれない…。
パパ活を全否定するわけではありませんが、個人的には非常に危険でリスキーな活動だと思っています。
また既婚男性がパパの女性の場合、いくら女性側が「愛情はない」「肉体関係はない」「ドライな関係だった」と訴えても、その男性の妻から見れば不倫相手そのものです。法律的観点からも既婚男性が異性と親密な関係になる事は「不貞行為」とみなされるのです。親密な関係とは肉多関係だけではなく食事や密会も含まれます。
もし既婚男性の妻が「自分の権利を侵害された」と訴えを起こせば、男性だけではなく女性も損害賠償請求されることもあります。実際に裁判例もあるのです。
損害賠償の請求額はケースバイケースです。
また男性が未成年の女性と肉体関係を持った場合は「児童ポルノ法」によって厳しく処罰されます。このときの処罰の判断基準は「性交」だけではなく、類似行為も含まれ「性交等」が対象になります。処罰としては「5年以下の懲役」「300万円以下の罰金」となります。
男性が独身で女性が成人であれば法的な問題はありません。
パパの中には健全な方も多くいると思いますが、危険なパパがいるのも事実。
自分の身は自分で守る、怪しいと思ったら引き返す、何かあったら相談できる大人を作る。
これは最低限必要ですね。パパ活はハイリスクハイリターン。そこを十分考慮し踏まえた上でパパ活に励んでください。