18歳以上はキャバクラで働ける?未成年キャバ嬢が稼ぐ方法を紹介

この記事の結論
  • 18歳以上であればキャバクラで働ける
  • 未成年のキャバ嬢は正直稼ぎにくい
  • 稼ぎたいのであればパパ活がおすすめ

若い女性が高収入を稼ぐ仕事と言ったらキャバクラですよね。
まだ18歳だけどキャバクラで働きたい、興味がある!という方も多いのではないでしょうか?

今回は、18歳がキャバクラで働くときに注意するポイントや疑問点を解決していきます。

またキャバクラ以上に稼げるパパ活についても詳しく説明しています。
パパ活におすすめのアプリやサイトも載せているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

キャバクラは18歳から働ける!

18歳になってキャバクラで働きたいと考えているものの、未成年は働けるのか、お酒は飲まなくていいのかなど、疑問に感じていることは多いと思います。
そこで、よくある疑問にお答えします。

よくある疑問
  • 18歳がキャバクラで働くのは合法?
  • 18歳でも高校生の場合はキャバクラで働ける?
  • お酒を飲まなくてもいいの?

18歳がキャバクラで働くのは合法

18歳以上であればキャバクラで働くことが認められています。
キャバクラだけでなく、ラウンジ、クラブ、風俗等もOKです。

18歳でも高校生の場合は採用されない

高校生でも18歳を超えていれば働くことは違法ではありません。
ただ、高校生でキャバクラで働くことは学校で禁止となっているはずです。

また、ちゃんとしているキャバクラは高校生は採用されません。
仮に採用してくれるキャバクラがあったとしたら、違法店であったり経営や体質が怪しいお店です。

そのようなお店は給料未払いなどのトラブルが起こりやすいので働くことはおすすめしません。

お酒を飲まなくてもいいの?

もちろん20歳未満の飲酒は違法なので、飲まなくて大丈夫です。
最近は成人しているキャバ嬢でもお酒を飲まない人も増えてきました。

お客様からお酒を勧められたときは、20歳になって飲めることを楽しみにしているので誕生日に一緒に飲んでくださいなどと言って断りましょう。

キャバクラではドリンクバックと言ってお酒の注文があるとお酒の金額に応じてお給料にプラスされます。
未成年だとお酒が飲めないのでドリンクバックが入りにくいというデメリットがあります。

ドリンクバックがない場合はほぼ時給のみで稼ぐことになります。

以上のように、18歳からキャバクラで働くことは可能です。
しかし、18歳でいきなりキャバクラの世界で稼ぐことは可能なのでしょうか?

次では、18歳でキャバクラを始めるメリットを解説していきます。

18歳がキャバクラで働くメリット

18歳がキャバクラで働くメリットは以下の2点です。

  • 若さが武器になる
  • 社会を知れる

若さが武器になる

若さは最大の武器となるため、若いだけでお客様から好かれます。
特におじさんたちは若いだけで可愛いと思い、多少言動に失礼なことがあっても若さで許されることも多いでしょう。

社会を知れる

普通に大学に通ったり、仕事をしているだけでは出会えないような人たちに出会えます。
なかには会社経営者や役員など超VIPなお客様もいます。

普段出会えないような人たちと近い距離で話すことは自分にとってもプラスになるはずです。

18歳であることがキャバクラで働く際に武器になることがありますが、一方で、18歳でもキャバクラで働くのに向いていない人がいます。
そこで次に、向いていない18歳の特徴を解説します。

18歳でもキャバクラで働くのに向いていない人の特徴

キャバクラで働くのに向いていないのは、次の人です。

  • 夜遅くまで働きにくい環境の人
  • キャピキャピしたノリが苦手な人

夜遅くまで働きにくい環境の人

キャバクラは基本的に20時頃からオープンします。

お店が閉店後も、お店のミーティングがあったり、お客様のアフターに付き合わなければならないこともあります。
そうすると家に着くのは早朝ということも。

家族と同居している人は親に隠すのは厳しいでしょう。

また、大学に通っていたり昼間は仕事をしている人はキャバクラと両立するのは肉体的にも精神的にも楽ではありません

キャピキャピしたノリが苦手な人

キャバクラはわいわいと楽しむ場所です。
接待にキャバクラが利用されることもあり、そのような場合は大人数を盛り上げなければなりません。

キャピキャピしたノリが苦手な人にとっては辛いでしょう。

お酒の場なので18歳には明るさと可愛さが求められます。
嫌味を言われても笑って流したり、盛り上がってない席では率先して盛り上げないといけません。

また、自分の苦手なお客様でも話を合わせて楽しませるスキルが必要です。
できる自信がない人は向いていないと言えるでしょう。

キャバクラに向いていないけど、夜職で稼ぎたい18歳は多いですよね。
そこで、キャバクラが向いていない18歳にもおすすめできるパパ活について解説します。

稼ぎたい18歳にはキャバクラよりパパ活がおすすめ

キャバクラ以外に稼ぐ方法としておすすめなのが、パパ活です。パパ活には以下のメリットがあります。

  • キャバクラよりも稼げる
  • 時間に縛られない
  • キャバクラよりも若さが武器になる

キャバクラよりも稼げる

キャバクラよりも短い期間で大金を稼ぐことができるのがパパ活の魅力です。

キャバクラで働いた場合、ドリンクバックが少なく、お客様を掴むまでに時間がかかります。
また、ヘアセット代やドレス代などの出費もキャバ嬢は多いです。

キャバクラよりも2時間で2万稼げるパパ活の方が効率が良いと言えるでしょう。
パパ活であれば定期で契約をし、月30万もらうことも可能です。

時間に縛られない

キャバクラとは違ってパパ活は時間に縛られません。

キャバクラの場合はヘアセットや同伴も含めると出勤時間以外でも2、3時間は拘束されます。
もちろんその間に時給は発生していません。

また、出勤時間以外でも常に大勢のお客様と電話やラインで連絡を取らなければなりません。
連絡を一切返さないこともできますが、そのようなキャバ嬢は指名してくれるお客様を見つけることは難しいでしょう。

パパ活は自分の好きな時間でできるので、空いた時間にサクッと稼ぐことができます。

1時間お茶をするだけでお小遣いをくれるパパ活もいるので、効率の良さは圧倒的にパパ活です。

キャバクラよりも若さが武器になる

キャバクラではなくパパ活する男性は、日々の癒しをもらう代わりに夢や目標を応援したり、困っていたら助けたいと思っています。

特に若い女性が頑張っている姿はパパにとってもたまらなく可愛いはずです。

キャバクラのようなノリは必要なく、応援したいと思わせることが大切です。
おとなしい性格、派手な見た目でなくてもパパ活であれば稼ぐことができますよ。

18歳でも登録できる人気のパパ活アプリpaddy67(パディ67)

paddyを無料ダウンロード
paddy67のおすすめポイント
  • 「カレンダー」機能ですぐ会える
  • 年収1500万、資産8000万以上の男性会員多数
  • 「シークレットモード」でバレることなくパパ活ができる

paddy67の特徴はとにかく富裕層が多いことです。
シークレットモードを使って知り合いにはバレずにリッチな男性を見つけることができます。

また、登録している女性の多くが20代のため、18歳であれば若さを武器にたくさんの男性とマッチングできる可能性があります。

\ 人気No1.パパ活アプリ /
paddy67
無料ダウンロード
▼paddyについて詳しくはこちら
現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介


現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介

▼18歳でも登録できるおすすめのパパ活アプリはこちら

パパ活女子337人に聞いた❤️おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】


パパ活女子337人に聞いた❤️おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】

18歳ならキャバクラよりパパ活がおすすめ

18歳でもキャバクラで働くことはできます。
ただし、お酒が飲めない未成年にとってキャバクラで稼ぐことは簡単ではありません。

キャバクラよりもパパ活であればより簡単に効率よく稼ぐことができるのでおすすめです。