アイドルのギャラ飲みの実態に迫る!

アイドルがやっていたのが始まりというギャラ飲みですが、その実態はどのようなものなのでしょうか?今回は、実際にギャラ飲みに参加したり、誘われた経験があるアイドル達の経験談を元に、その詳細に迫ります。

「六本木 フリー素材」の画像検索結果

ギャラ飲みってそもそも何?

ギャラ飲みとは、男性が女性にギャラ(お金)を支払い、飲み会に来てもらうことを言います。

また、飲み会の場所への行き帰りのタクシー代を支払うという意味合いで、「タク代飲み」とも呼ばれています。

ギャラ飲みの始まり

もともとギャラ飲みは、売れない芸能人やアイドル、グラビアアイドルが、お小遣い稼ぎや接待またはコネ作りのために業界人の飲み会に参加していたのが始まりでした。

基本的にギャラ飲みは体関係は含まれませんが、芸能界では、中には体関係が前提のギャラ飲みも存在するようです。そのため、ギャラ飲み=枕営業というイメージを持つ人もいるそうです。

ギャラ飲みに参加したアイドル

吉沢さりぃ

関連画像

グラビアアイドル兼ライターとして活動している吉沢さりぃさん(32歳)は、テレビやネットで様々なグラドルの裏事情を告白しています。

吉沢さん曰く、どんなに稼いでいるトップグラビアアイドルでも月収20万円ほどが限度だそうで、水商売や風俗店でアルバイトをして生活している人もいるそうです。

そのため、吉沢さん本人を含め、グラドル達は盛んにギャラ飲みに参加しているそうです。

10月22日に放送された『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京)では、実際にLINEで来たギャラ飲み案件を公開していました。

そのLINEには「6/1月 18:00~築地」「某一流企業」「処方せん薬局など4名(男性の職業)」など日時と場所、相手の企業名や職業に加え、「今後、イメージガールなどで使って貰う為、イメージガール(ポスター、テレビ、宣伝雑誌、イベントなど)が出来る方限定でお願いします」といった参加条件が書かれていて、共演者を驚かせていました。

さらに2通目には、「10/13火曜 ギャラ飲み 20:00~スタート 2h 15000(ギャラ) 某イベントスポンサー」「最後まで可能な方、交渉次第でギャラupします」という衝撃の記載がされていました。

日刊SPA!では、「上位グラドルを相手に1人5万~10万円で、中国人VIPとのマカオ旅行でのギャラ飲みがあった。」「それも飲みだけじゃなく、夜の接待もセットだったみたい」だと語っています。
吉沢さんが、ギャラ飲みを主催をしているグラドルに聞いたギャラ飲みの相場は、「誰もが知ってるタレントだったら、2時間で7~10万円。そこそこ有名なグラドルなら2時間で2万円からよくて3万程度。あとは“仕事に繋がりそうなギャラ飲み”だったら、有名な子でも1万円くらいでも来ることがあるかな」とのことだそうです。

グラドルの厳しい収入、体関係を含むギャラ飲み、芸能人のランクによって変動するギャラ飲み相場…芸能界の裏側はとてもシビアです。

緒方友莉奈

DVDイベントでの緒方友莉奈(画像は『緒方友莉奈2017年11月7日付Instagram「#トレーニング #グラビア」』のスクリーンショット)

グラビアアイドルの緒方友莉奈さん(24歳)は、11月29日に放送された『家、ついて行ってイイですか?~どんな逆境でも…跳ね返せる気がするSP~』(テレビ東京系)で、実際にギャラ飲みに参加していることを明かしています。

緒方さんが参加しているギャラ飲みは「体の関係なしで1回20万円、週1とかである」と言い、かわいがってくれる大企業の会長から22万円相当の高級アウターをプレゼントされたことも明かしていました。

さらに、緒方さんはグラドルの仕事とギャラ飲み以外に、週2、3日銀座でホステスをしているそうです。
緒方さんもやはりグラビアの仕事一本で生活するには苦しく、ホステスの仕事とギャラ飲みに参加しているのですね。

原田真緒

関連画像

元グラビアアイドルの原田真緒さん(29歳)は、2017年に独立し、現在は自称「プロニート」としてフリーで活動しています。

そんな原田さんのグラビアアイドル時代の給料は、「歩合制で手取り月収は10万円くらい。」「一番少ないときは月1万8000円で、一番多くもらった月は、18万円。」だと言います。

「打ち合わせで稼働日は意外と多いのに、収入に直結しないことも少なくない。」らしく、この給料では好きな物を買うことどころか生活費さえ賄うのが困難です。

仲間の中にはグラビアの仕事の他に、バイトや夜の仕事をしている子もいたそうです。

そんなグラドル達の間ではやはりお小遣い稼ぎとしてギャラ飲みが行われており、原田さんも誘われたことがあるそうです。

「イベントの仕事で知り合ったグラドルの子から、『今度ギャラ飲みがあるんだけど来れない?』と誘われたことがありました。2時間で1万円から2万円くらい。私はそういう付き合いがイヤだったので断ったら、『じゃあ、○日の芸人さん飲みは?』と誘われることもあって。でも、すべて断っていたら誘いもこなくなりましたけどね」とのことです。

中には、高級タワーマンションに住んで、家賃を全額持ってもらっている子もいたそうです。近年では、ギャラ飲みをネタにしてテレビで話すタレントもいますが、そういうことを言わないとテレビに出られない状況に、原田さんは辟易していたそうです。

矢口真里

「矢口 真里」の画像検索結果

1月12日(火)に放送された『諸事情により…』で、矢口さんはギャラ飲みには参加していないものの、参加した飲み会で「一回だけ大企業の社長が飲み会に来てお車代3万円を貰った」と明かしています。

番組内の他のメンバーからは、「矢口さんクラスだとギャラは50万円もらえる」と驚愕の金額が挙げられていました。

元モー娘。となると一回のギャラ飲みで50万円ももらえるのですね!

乃木坂46 中田花奈、NEWS 手越祐也

「乃木坂 中田」の画像検索結果

「手越」の画像検索結果

2018年1月に乃木坂46の中田花奈さんとNEWSの手越祐也さんがギャラ飲みに参加したそうですが、本人達からはコメントは出ていません。

飲み会の主催者は、「ジャニーズと飲めるよ」「足代も払う」などと声がけして、若い女性の参加者を募っていたそうですが、中田さんの目当てがジャニーズだったのか足代だったのかは定かではないそうです。

以前から、「AKB48のオールナイトニッポン 乃木坂46スペシャル」(ニッポン放送)などでクレジットカードが止まってしまったこと、貧乏飯を始めたことを語るなど、国民的アイドルもグラビアアイドル同様収入が厳しいのでしょうか。

なぜアイドルはギャラ飲みに参加するのか?

売れないタレントやアイドル達がギャラ飲みに参加しているというのは単なる噂ではなく、芸能界で頻繁に行われていることがわかりました。

グラビアアイドルの世界は、どんなに稼いでいるトップグラビアアイドルでも月収20万円ほどが限界で、夜の仕事を掛け持ちする人も多いほど厳しい現状でした。

グラビアアイドル以外にも、メジャーデビューしているグループのアイドルであっても月給10万に満たないケースもザラだそうです。

芸能活動をしている以上、一般的なバイトをしようにもできないこともあります。ファンが職場に押しかけてくる可能性や、いつ仕事が入るか分からず、前もってシフトを提出することもできません。

そんな中、芸能活動を続けながら生活費を稼ぐための手段として、限られた人しか呼ばれないギャラ飲みは、タレントにとっても好都合だったのです。

アイドルがギャラ飲みで稼げる額は?

ギャラ飲みに参加したり誘われたことのある芸能人たちからの経験談から、知名度やランクによって謝礼が異なることがわかりました。

地下アイドルや底辺グラドル:2時間で1〜2万円

そこそこ有名なグラドル:2時間で2万円〜3万円

名の知れてるグラドルやタレント:2時間で数十万

同じ芸能界の中でも1万円から数十万円までとこんなに幅があるのですね。


アイドルのギャラ飲み参加方法

芸能界で開催されるギャラ飲みは知り合いに誘われたり、LINEにて案件が流れてくることが多いようですね。中にはギャラ飲みサイトやアプリに登録している芸能人もいるそうです。

ギャラ飲みはアイドルだけじゃなく、一般人も稼げる

最近ではギャラ飲みが一般化してきたため、ギャラ飲み=芸能人がやるものというよりも、一般女性もやるものという認識も広まってきたのではないでしょうか。

今やギャラ飲みに参加している女性のほとんどはOLや学生です。

ギャラ飲みに参加している女性がの実態を詳しく知りたい人はこちら↓

https://cinderella.tokyo/archives/

一般女性がギャラ飲みに参加するならPato

ギャラ飲み・パパ活

芸能人でなくても、ネット上に顔は出したくない…という人もたくさんいると思います。

ギャラ飲みアプリのPatoでは、顔出し不要で登録することができます。

さらに一人で参加するのが不安…という人も友達と参加できるので安心です。

報酬も、一件のギャラ飲みでいくらと決まっているのではなく、男性と一緒に過ごした時間分の報酬が必ずもらえるので、せっかく長い時間ギャラ飲みに参加したのに少ない報酬だった…などということもありません。

そのためPatoでは、頑張れば頑張った分だけお金を稼ぐことができます。

多い人は月に200万円以上稼いでいる人もいるそうです。

Patoへの登録はこちらから

芸能人でなくてもこんなに稼ぐことができるならギャラ飲みに参加して損はないですね!

Patoの実体験を知りたい方はこちらから↓

https://cinderella.tokyo/archives/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする