キャバクラの面接に受かりやすいおすすめの服装は?意識するポイントも紹介

キャバクラ面接時のドレス
この記事の結論
  • キャバクラの面接で服装は重要
  • 面接の際の服装はキャバクラの雰囲気に合わせるのがベター
  • 女性らしく、チャームポイントが映える服を選ぶ
キャバクラの面接に行きたいと思いつつも、受かるか不安を抱えていませんか。
面接で落とされては元も子もないので、できるだけ事前に準備して行きたいですよね。

そこで、キャバクラの面接での服装や、実際に働くときの服装について紹介します。

キャバクラの面接で服装は重要?

キャバクラの面接で服装はとても重要です。
なぜならキャバクラではルックスが重視されるからです。
男性がお金を払ってでも会いたいと思われるような女性でなければ採用されません。

また面接では顔だけでなく、全体の雰囲気もチェック。されます
ルックスが少しでもよく見えるように服装には気を遣いましょう。もちろん服装だけでなく、メイクや髪型もいつもより時間をかけて準備する方がいいでしょう。

お店のコンセプトとあなたが合っているかも面接で見られます。
お店にHPがある場合はお店やキャバ嬢の雰囲気を掴んでおきましょう。

では次に、具体的にどのような服装が望ましいのかをご紹介します。

キャバクラの面接に行く服装のポイント

面接には、次の3つのポイントを押さえた服装で行きましょう。

  • お店の雰囲気に合った服を選ぶ
  • 自信のあるパーツが分かる服を選ぶ
  • 女性らしく見える服を選ぶ

お店の雰囲気に合った服を選ぶ

お店の雰囲気とあまりにも違いすぎる女性は面接で落とされる可能性があります。
雰囲気が違いすぎるとお客さんから人気が出ないと判断されてしまうからです。

例えば清楚系のキャバ嬢が多いお店に面接に行くときにギャルっぽすぎる服装で行くのはやめましょう。お店のスタッフに、この子はお客さんから人気が出そう!と思われるようお店の雰囲気に合った服装やメイクを心掛けましょう。

自信のあるパーツが分かる服を選ぶ

あなたが自分の身体で自信のあるパーツはなるべく分かるようにしましょう。例えば脚に自信があれば丈が短いドレスにしたり、胸に自信があれば露出が多めのドレスにするなどです。

もし自分の身体に自信がなくても、あなたの体型にあったドレスを着ることでうまくカバーできます。また、脚の太さが気になる場合はヒールを高めにすることでごまかすことができます。

自信がない場合でも諦めるのではなく、どうやったらパーツが綺麗に見えるか、お客さんにうけるか考えることが大切です。

女性らしく見える服を選ぶ

キャバクラの面接では女性らしさを意識した服を選びましょう。
可愛い服を着ているとそれだけでぐっと雰囲気が良くなります。
あとでドレスに着替えるからと言って手を抜かず、自分を良く見せてくれる服を選びましょう。

パンツスタイルよりはスカートやワンピースの方がおすすめです。
男性受けする服装を意識して面接に行きましょう。

面接での服装をご紹介しましたが、体験入店ではお店ごとに服装が異なります。そこで次に、体入の服装について解説します。

キャバクラ面接後に体入する場合の服装は?

面接が終わると、実際にお店で体験入店といってお試しで働くことができます。
体験入店の時の服装と持ち物について紹介します。

ドレスで接客するお店の場合

キャバクラの多くのお店はドレスを着て接客します。もしドレスがない場合でもお店側が貸してくれることもあります。
ただ、ドレスはサイズが合わなかったときにどうしても服に着られている印象になってしまいます。

安いドレスを1着でも持っておくと便利です。キャバクラのドレスを専門に扱ったネットショップでは数千円からドレスが売られています。
キャバ嬢は見た目がとても大切なので、自分に似合ったドレスを持っておくといいでしょう。

私服で接客するお店の場合

私服で接客するお店の場合はワンピースやスカート等を着用します。パンツスタイルやゆるっとしすぎた服装は厳禁です。

お店によって私服は様々ですが、カジュアルすぎると浮いてしまう場合があります。

おすすめはレースやシフォン素材のワンピースやスカートです。

必要な持ち物は?

  • 顔写真付きの身分証明書
  • ヌーブラ
  • 替えのストッキング
  • ポーチ
  • ハンカチ
  • ライター
  • 名刺入れ
  • (借りない場合)ドレス・靴

まず、必ず必要なのが顔写真付きの身分証明書です。
これがないと体験入店ができないので必ず持っておきましょう。

また、普通の下着ではドレスから見えてしまうのでヌーブラがあると安心です。
予備として替えのストッキングがあればもし破けてしまった場合でも慌てずに済みます。

キャバ嬢は接客の際にポーチを持ち歩くので、ポーチも必要です。
ポーチの代わりにクラッチバッグやミニバッグでもOKです。
キャバ嬢はポーチの中にハンカチ、ライター、名刺入れを必ず入れているのでこれらも準備するようにしましょう。

ライターはお店の名前入りのライターをお店側が準備してくれることもありますが、念のため持っていきましょう。
ハンカチはお客様のグラスを拭いたりしますのでなるべく可愛いものを選びましょう。

ドレスや靴はお店が貸してくれることもありますが、借りれない場合は自分で準備しておく必要があります。
面接前にドレスや靴を借りられるかお店側に必ず確認しておきましょう。

もし自分で用意する場合は高価なものでなくてもいいですが、安っぽくみえずにお店で映えるものを意識して選ぶといいと思います。
靴はヒールの高いものを履くとスタイルが良く見えるのでおすすめです。

面接や体入の服装についてご紹介しましたが、それでも不安がぬぐえない人もいますよね。
しかし、キャバクラの面接が不安な人にもおすすめの稼ぐ方法があります。

キャバクラの面接に受かるか不安なら?

どれだけ準備をして面接に行っても、お店とマッチしなければ面接に落ちてしまう場合もあります。
キャバクラに受かるか不安であれば、他の方法で稼ぐこともできます。

  • パパ活
  • ガールズバー

パパ活

パパ活は面接無しであなたの好きなタイミングでいつでも始めることができます。
服装の指定もありませんが、好みに合わせて着る服を変えてあげると男性はとても喜ぶのでおすすめです。

また容姿に自信がなくても、性格や愛嬌を武器にすればパパ活ができます。
キャバクラと違い出勤時間やノルマもないので自分のペースでお金を稼ぐことができるのがパパ活の良さです。

今回は、富裕層が多く登録している最大級のパパ活アプリpaddy67をご紹介します。

年収1500万円以上の男性多数paddy67(パディ67)

paddyを無料ダウンロード
paddy67のおすすめポイント
  • 「カレンダー」機能で空いている日を登録しておくとすぐ会える
  • 「シークレットモード」でこっそりパパ活ができる
パディ67では自分の空いている日にちをアプリのカレンダー内に登録することができます。
空いている日にちを登録しておくと、自分のプロフィールに今日会えるかも、と表示されるようになっています。
会うまでのやりとりが早いので、すぐにパパを見つけたいという人におすすめです。

また、パディ67にはシークレットモードがあります。
男性側の一覧画面に表示されないように設定したり、自分が男性のプロフィールを見ても足跡がつかないようにできるので、プロフィールを男性の知人に見られる心配がありません。

絶対にバレずにパパ活をしたい人に特におすすめです。

\ 人気No1.パパ活アプリ /
paddy67
無料ダウンロード
▼paddy67について詳しくはこちら
現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介


現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介

▼その他のパパ活アプリを知りたいならこちら

パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】


パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】

ガールズバー

ガールズバーは女性キャストがお酒を作りお客さんと話をするバーです。
ガールズバーはキャバクラに比べて面接で落とされる事が少ないのが特徴です。

あくまでもバーなので、カウンター越しでお酒を作り接客を行います。
男性の隣に座っておしゃべりするようなことはありません。

キャバクラのようにドレスは必要なく、髪型や服装も自由なお店が多いです。
またノルマもないためキャバクラほど厳しくはありませんが、その分お給料はキャバクラに比べて少なくなります。

キャバクラの面接で服装は重要

キャバクラの面接は落とされる可能性もあるので、きちんとした服装で行くことをおすすめします。
持ち物もしっかりと確認したうえで面接に臨みましょう。

キャバクラの面接が不安な方はガールズバーで働いたり、パパ活をしてお金を稼ぐ方法もあります。
ガールズバーやパパ活は必要経費もキャバクラに比べて少ないのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

よく考えたうえで自分に合った方法で稼ぎましょう!