スナックとキャバクラの違いは?接客や仕事の内容、時給の違いを解説

キャバクラ
この記事の結論
  • スナックとキャバクラは、仕事の内容や給与が大きく異なる
  • どちらにも共通して必要なのは、臨機応変な対応
  • キャバクラとスナックには向き不向きがある

同じ夜職としてひと括りにされることもあるスナックとキャバクラ。
その違いについて、詳しく説明できない方が多いのではないでしょうか。

実はこの2つ、接客内容や給与等が大きく異なります。

そこでこの記事では、スナックとキャバクラの具体的な違いや、どちらで働くべきかなどを詳しくご紹介いたします。

スナックとは

スナックとはカウンター付き飲食店を指します。
その中でも、アルコール類を提供するのが一般的ですが、カウンター付き飲食店の総称を指しますのでアルコールを提供しなくともスナックという名称を使うことができます。

一般的に店を仕切る女性、いわゆる「ママ」と呼ばれる方がおり、カウンターに立ちながらお客さんに対してお酒や料理を提供します。
ママひとりに対してお客さんは、4〜5人程度対応するが多いです。
店内ではママに悩みやお話を聞いてもらったり、お客さん同士でお話をしたり、カラオケをしたりすることができます。

スナックで飲食した際の平均相場は、席代・お酒代・軽食等が含まれて3000円〜5000円程度
別途、カラオケを歌った場合、1曲あたり100〜500円程度になります。

スナックで働いた場合の平均時給は、2000〜3000円が相場です。

キャバクラとは

キャバクラとは、お客さんひとりに対して女性(キャバ嬢)ひとりが隣につき接客するところです。
キャバ嬢とお話ししたり、お客さん達で会話を楽しむお店です。
またカラオケが備え付けてある施設も多く、キャバ嬢と一緒にカラオケを楽しむこともできます。

キャバクラで飲食した際の平均相場は、キャバ嬢の指名料(指名なしも可能)、キャバ嬢のチャージ料、飲食、ボトル料金等がかかり60〜90分、5000〜10000円程度

キャバクラで働く場合、基本時給の他に指名料やドリンクバックが一部支払われます。
そのため指名やドリンクを入れてもらうために、より良い接客態度やコミュニケーション能力が必要となります。

スナックとキャバクラの基本的な違いについて、ご理解いただけましたでしょうか?
次にスナックとキャバクラを、項目別に比較してみていきます。

スナックとキャバクラを徹底比較

スナックとキャバクラを次の項目で比較していきます。

  • 男性の目的
  • 接客形態
  • 女性キャストの給料
  • 女性キャストの年齢層
  • 女性キャストの服装

男性の目的

スナックに行く男性は、仕事上の悩みや日常での悩みや考え事を誰かにアウトプットしたい、的確な意見をもらいたい等の目的が多いです。
そのためスナックで働くキャストに求められることとして、人間関係や社会経験の豊富さが求められます。

話を聞いてほしいだけの男性もいますが、基本的にキャストに対して意見をもらいに行くことが目的でスナックに行くことが多いため、その内容に対応できる経験が必要です。
お客さんの年齢層も20代後半〜50代と比較的幅広いのが特徴です。

一方、キャバクラに行こうと思う男性の目的は、女性と会話を楽しみたいことが多いです。
そのためキャストには楽しく会話できる能力や些細な気遣いが求められます。
お客さんの年齢層も20代前半〜40代とこちらも比較的幅広い年齢層ですが、特に20〜30代の男性が多いのが特徴です。

接客形態

スナックでは1人で多数のお客さんに料理やドリンクの提供もしながら会話していくのが主です。
ほとんどのスナックは座っての接客ではなく、立って接客します。

キャバクラでは、基本的にはひとりのお客さんに対して1人のキャストが対応します。
お客様の隣に座り、ドリンクの世話や会話をします。

スナックでは周りの環境に配慮しながらお客さんと会話ができる能力、キャバクラでは1人のお客さんをひとりで対応することが求められます。

女性キャストの給料

スナック・キャバクラ共に、基本的には時給制です。

基本賃金は、キャバクラに比べてスナックの方がやや高いのが特徴です。
しかしキャバクラは指名料やドリンクバックなど出来高払いがあるため、結果的にはキャバクラのほうがはるかに稼げる体系となっています。

逆に指名料などの出来高を稼げないと割に合わないため、キャバクラでは自分を営業する力が必要です。

女性キャストの年齢層

女性キャストの年齢層は、10代後半〜20代後半が多いキャバクラに対しスナックでは30代〜60代と年齢層が高めです。

男性の目的の章で説明したようにスナックではある程度の社会経験や知識が必要なため、スナックの年齢層が高くなります。
キャバクラは女性との会話を楽しみたい男性が来るため、キャストも若い女性が好まれる傾向にあります。

女性キャストの服装

女性キャストの服装について、スナックとキャバクラでは大きく異なることがあります。

はじめにスナックでは、お店の雰囲気やコンセプトによって服装が異なります。
私服で接客するスナックもあれば、着物を着るる高級スナックもあります。
スナックの8割方は、スカートを履いて足が見えるようにすること、パンプスを履いて女性らしい服装を求められます。

一方、キャバクラではキャバ嬢ドレスを着用することが主です。
キャバ嬢ドレスとは、ネオンカラーのドレスに膝上のスカートと上着はデコルテが出る服装です。露出度が多く、女性らしさのある服装です。

スナックとキャバクラの違いについて理解したところで、どちらで働こうか迷っている方必見、スナックとキャバクラで働く女性の特徴をご説明していきます。

スナックとキャバクラで働くならどっちがいい?

スナックとキャバクラ、どちらで働くべきか迷っている方に、2つに向いている女性の特徴、またどちらにも向いていない女性の特徴を解説します。

どちらも働ける女性の特徴

  • 臨機応変の対応ができる
  • お酒が好き
  • 容姿が整っている
  • 言葉使いや気遣いが長けている
  • 社会経験が豊富

キャバクラとスナックどちらで働くにもこの5つの要素はとても大事になってきます。
特に重要なのが、臨機応変の対応ができることです。

お店には、年齢や性別、会社、ステータスの異なったお客様が来店られます。
話す内容であったり、盛り上げ方、話の聞き方など、その時々に合った対応ができないと長く働くことは難しいです。

また、言葉遣いや気遣いなど基本的なことをおろそかにしてしまっていても、お客様を満足させることはできません。

スナックに向いている女性の特徴

  • 歌が上手
  • 人生経験豊富
  • 社会性がある

スナックに向いている人の特徴ですが、1つ目は歌が上手なことです。
スナックではお客さんに歌を歌ってほしいとせがまれることがあります。
その際にお客様を楽しませる歌唱力があると良いです。

2つ目は人生経験が豊富であることです。
スナックに訪れるお客さんの多くは、キャストやママに話の相談に来ることが多いです。
そのため相談に対して柔軟に対応できる人生経験が必要です。

最後に社会性があることが大切です。
お客様の年齢層が比較的高めであるため、小さな気遣いや社会性のある行動や言動がとても大切です。

キャバクラに向いている女性の特徴

  • 容姿が整っている
  • 本気でお金が欲しい
  • 愛嬌がある
  • 小さな気遣いができる

キャバクラに向いている女性の特徴ですが、第1に容姿が整っていることです。
多くの男性利用者は、可愛い女性や好みの女性と楽しくお話ししながらお酒を飲むために、キャバクラにきます。

また継続的にキャバクラで働いていくためには、出来高でお給料を増やしていく必要があります。
そこでお金に対する貪欲さを持ち、マメな連絡や丁寧な接客を続けることが必要です。

次に愛嬌があること・小さな気遣いができることです。
容姿が多少劣っていても愛嬌の良さと小さな気遣いで容姿の穴を埋めることができます。
例えば、いつもニコニコしている、どんなお客さんに対しても対応を変えない、タバコを加えた際にサッとライターをつけるなど愛嬌と気遣い次第でお客さんに高評価を与えることができます

どちらにも向いていない人

  • 人と接するのが苦手
  • お酒が好きじゃない
  • そこまでテンションが高くない
  • 感情が顔に出る
  • 気配りが苦手

スナックやキャバクラは、接客業であるためお客様と接するのが好きではないと働くのは難しいです。
気配りや多少の粗相にも目を潰れるような心の大きさが必要です。

また、飲めなくても働くことは可能ですが、やはり稼ぐためにはお酒は飲めた方がいいでしょう。

ここまで見て、「稼ぎたいけどスナックやキャバクラで稼ぐのはなかなか難しそうだな・・・」と思った方も多いと思います。
しかし、そんな方でも簡単に稼げる「パパ活」についてご紹介します。

スナックとキャバクラに向いていない人はパパ活がおすすめ

パパ活とは、経済的に余裕のある男性(パパ)とデートや食事などの時間を共にすることで、金銭的援助をしてもらう活動を指します。

スナックやキャバクラのように不特定多数の方を相手にするのではなく、パパと1対1の長期的な関係を築いていくお仕事です。
つまり、多少癖が強いお客さんを相手にしなければならないこともあるスナックやキャバクラと違い、相性の良い相手とだけ付き合えばよいのがパパ活の1番のメリットです。

また、お手当の金額は自分で決められるので、時給の概念に縛られずに稼ぐことが可能です。

パパ探しにはパパ活アプリを使うのが簡単

パパなんてどこに行けば見つかるの?と疑問に思っている方も多いと思います。
そんな方におすすめなのがパパ活アプリ。

今回は、ナイトワーク初心者の方でも簡単に稼ぐことができる、おすすめパパ活アプリ「paddy67」をご紹介します。

年収1500万円以上の男性と会えるpaddy67

paddyを無料ダウンロード
運営パディ67株式会社
料金【女性】無料
【男性】10,800円/月
年収証明あり
特徴会える日から相手を探す
URLhttps://www.paddy67.today/
paddy67のおすすめポイント
  • 年収1500万円、資産8000万円以上の男性多数
  • カレンダー機能ですぐ会える

paddy67は、年収1,500万円、資産8,000万円以上のお金持ちの男性が多く集まる最大級のパパ活アプリです。
会員数は50万人を超えており、初心者からパパ活で生活をしているパパ活女子まで、様々なニーズに対応しているアプリです。

特に便利な機能として「カレンダー機能」があります。
日付と会える場所で男性を探すことができ、急に稼ぎたくなった日も、当日に会える男性が見つかります。

\ 人気No1.パパ活アプリ /
paddy67
無料ダウンロード

▼padddy67について詳しくはこちら

現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介


現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介

▼パパ活についてもっと知りたい人はこちら

パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】


パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】

スナックとキャバクラは全然違う‼︎

スナックとキャバクラは対象とする男性の目的・年齢など大きく異なります。
そのためキャストに求められるスキルも異なってきます。

若い男性と楽しく、気兼ねなく話してお酒を飲みたいという考えでスナックで働いていると仕事のスタイルが全く異なるため、長く続かないでしょう。
またスナックとキャバクラではどちらに向いているか、特徴も異なってくるため是非この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。