JK(女子高生)でもパパ活できる?高校生でも登録できるおすすめアプリや相場を紹介

この記事の結論
  • 高校生は18歳以上なら合法
  • 18歳未満のパパ活は違法
  • 18歳未満が隠れてパパ活できる方法は
    リスクが大きい
  • 高校生のお手当相場は高い
  • SNSでのパパ活は補導にきをつけて

近年話題になっているパパ活ですが、高校生や未成年でもできるのか、犯罪になるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、高校生がパパ活する方法お手当の相場リスクについてを徹底解説します。jk時代にパパ活で補導されてしまったというSさん(当時17歳)にインタビューもしたので、ぜひ参考にしてみてください。

< 取材協力 >

Sさん(当時17)_image
JK(女子高生)時代にパパ活で警察に補導された
Sさん(当時17)
卒業したらおすすめのパパ活アプリ
1
paddy67
paddy67
男性の平均年収1,000万円以上のハイクラスなパパ活専門アプリ
2
Love&
Love&
動画でアピールできる新感覚パパ活サイト
3
SugarDaddy
SugarDaddy
会える日付から相手を見つけられる王道パパ活専用サイト

パパ活とは

パパ活とは、女性が男性(パパ)と食事やデートをして、その代償として男性からお金またはプレゼントなどの報酬をもらう活動です。

男性とデートをするだけでお金がもらえるということで、特にお金に余裕のない高校生にとってパパ活は魅力的ですよね。しかし、高校生がパパ活を始める際は疑問点が多いと思います。

そこで次に、高校生がパパ活できるのかを徹底解説します。

▼パパ活について詳しくはこちら

パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】


パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】

JK(女子高生)でも18歳以上ならパパ活できる

結論から言うと、18歳以上であれば合法的にパパ活できます。次の項目に分けて、jkのパパ活を詳しく解説します。

  • 高校生も18歳以上ならパパ活できる
  • 18歳未満の高校生はパパ活できない
  • 18歳未満のパパ活は男性のリスク大

高校生も18歳以上ならパパ活できる

後述しますが、18歳未満のパパ活は違法です。しかし18歳以上であれば、高校生でも合法的にパパ活できます。大手パパ活アプリpaddy67の女性年齢層を見ても、18,19歳だけで約15%いることから、18歳以上の未成年のパパ活割合が高いことがわかります。

ただし高校生の場合は、学校から何かしらの罰則を受けたり、補導されたりするリスクがあるため、注意しましょう。

高校生パパ活のリスク
タップすると該当箇所に飛びます

18歳未満の高校生はパパ活できない

パパ活できない理由
  • 児童福祉法や売春防止法などの法律で違法
  • 出会い系サイト規制法でパパ活サイトに登録できない

18歳未満の少年少女が成人の相手と肉体関係を持つことは違法です。また肉体関係がなくても、誘拐とみなされることがあります。これらの違法行為に当てはまるため、18歳未満はパパ活できません

またパパ活アプリには出会い系サイト規制法という法律があり、18歳未満は登録できません。18歳未満の登録者がいるサイトは罰則対象のため、どのアプリも厳しい年齢確認があります。公的身分証明書の写真を目視で確認されるため、親の身分証明書などを使って詐称することも不可能です。

18歳未満のパパ活は男性のリスク大

先程お伝えしたように18歳未満のパパ活は違法ですが、警察にバレた場合に処罰を受けるのは男性です。

そのため、パパ活に慣れているまとも男性は、18歳未満の女性を避けます。18歳未満とパパ活したがるような男性は怪しいので、18歳未満の女性にパパ活はおすすめしません。また男性も、確実に18歳以上の女性と出会えるパパ活アプリで相手を探しましょう

18歳以上であれば高校生もパパ活が可能であるとお伝えしました。そこで次に、高校生がパパ活した際にもらえる金額を解説します。

JK(女子高生)のパパ活相場

パパ活を始める際に気になるのは、いくらもらえるかですよね。そこで、高校生のパパ活の相場を解説します。

高校生のパパ活相場表

 都市部地方
【都度】
食事のみ
2~4万円1~3万円
【都度】
大人あり
4~7万円3~6万円
【定期】
食事のみ
5~10万円3~7万円
【定期】
大人あり
20~50万円15~30万円

都度…位1回あたりでお手当をもらう関係
定期…ひと月当たりでお手当をもらう関係
大人…体の関係

高校生がパパ活した場合、もらえるお手当の金額は上の表の通りです。

高校生の相場は高い

高校生の相場をご紹介しましたが、高校生の相場は平均に比べて高いです。

パパ活男性は、普段出会えないような若い女性がデートしてくれることに、対価を払います。若い女性の中でもjkとデートできるチャンスはさらに少ないために、jkの相場は高いです。

高校生はパパ活で稼げることを解説しました。次に、パパ活を始めたくなった人に向けて、高校生のパパ活方法を解説します。

JK(女子高生)がパパ活する方法

jkがパパ活する方法一覧

 安全性出会い
やすさ
18歳
未満
パパ活アプリ×
SNS×
出会い系
サイト
知人の
紹介
×
  • パパ活アプリ
  • Twitter
  • 出会い系サイト
  • 知人の紹介

jkがよく使うパパ活の方法を、安全性や出会いやすさから解説します。自分に合った方法で、パパを探しましょう。

パパ活アプリ

高校生にとって安全性が高く出会いやすいのは、パパ活アプリです。

パパ活アプリはトラブルが起きても、運営に通報すれば対処してくれるため、安心してパパ活できます。また、月額料金を払っているパパ活したい男性だけが登録しているため、出会いやすいです。

ただし年齢確認が厳しく、18歳未満は登録できません。

高校生におすすめなパパ活アプリ
タップすると該当箇所に飛びます

SNS

TwitterなどのSNSは18歳未満でもパパ活可能なため、パパ活している高校生は多くいます。プロフィールに条件を記載し「#パパ活」などで募集すれば、すぐに相手を見つけることができます。

しかし、SNSでのパパ活は会いやすい反面リスクが大きいです。相手の身元が定かではなかったり、パパ活を理解しておらずお手当をもらえなかったりします。

またSNSではサイバーポリス(サイポリ:ネット上をパトロールする警察)が監視しています。相次ぐSNSでのパパ活事件から、警察がパパ活男性になりすましており、待ち合わせ場所に行くと補導されます。18歳未満はもちろん、18歳以上でも高校生は補導対象なので、SNSでのパパ活には注意しましょう。

Twitterのパパ活で補導されたjkののた体験談
タップすると該当箇所に飛びます

出会い系サイト

出会い系サイトは若い女性の需要が高く、jkが掲示板などでパパ活募集すればすぐに会うことができます。年齢にかかわらず、出会いやすいと人気のパパ活方法です。

しかし、出会い系サイトは元々、アダルト要素が強いです。体の関係を前提としている男性が多いため、体の関係を持ちたくない人やお手当をたくさんもらいたい人は、相手をよく見極めましょう。

また、出会い系サイトもパパ活アプリと同じように年齢確認があります。18歳未満は登録不可です

知人の紹介

紹介でのパパ活は、一番安全です。知り合いの紹介だと、お互いを知っている第三者の存在があり安心ですよね。パパとの意思疎通も取りやすく、稼ぎやすい方法でもあります。

パパ候補を紹介してくれる知り合いがいれば、ぜひこの方法でパパ活しましょう。

高校生のパパ活方法を解説しましたが、18歳未満のパパ活は違法であることを忘れないようにしましょう。次は、高校生のパパ活におすすめなパパ活アプリをご紹介します。

18歳以上のJK(女子高生)におすすめなパパ活アプリ5選

18歳以上であれば高校生も登録できる、おすすめパパ活アプリをご紹介します。

高収入な男性が多い paddy67(パディロクナナ)

paddyを無料ダウンロード
運営パディ67株式会社
料金【女性】無料
【男性】10,800円/月
年収証明あり
特徴会える日から相手を探す
URLhttps://www.paddy67.today/
paddy67のおすすめポイント
  • 年収1500万円、資産8000万円以上の男性多数
  • 「シークレットモード」でバレない
  • カレンダー機能ですぐ会える

paddy67は、年収1500万円以上のお金持ちが多く登録しているパパ活アプリです。シークレットモードでは、こちらからいいねした相手以外にプロフィールが表示されないため、身バレを防ぐことができます

また会える日付とエリアから相手を探せるカレンダー機能では、面倒なメッセージをせずにすぐ会えます。当日会える相手も見つかる人気の機能です。

paddy67カレンダー機能

▲当日会う人も探せるカレンダー機能

\ 人気No1.パパ活アプリ /
paddy67
無料ダウンロード

▼paddy67について詳しくはこちら

現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介


現役パパ活女子がpaddy67(パディ67)を徹底評価!アプリの使い方や評判、口コミも紹介

動画を投稿できる Love&(ラブアン)

love&を無料ダウンロード
運営株式会社Blueborn
料金【女性】無料
【男性】14,800円/月
年収証明あり
特徴動画を投稿できる
URLhttps://lovean.jp/
LOVE&のおすすめポイント
  • 動画でアピールできる新タイプのパパ活アプリ
  • 男性の月額料金が高いからお金持ちパパに会える

ラブアンは、写真に加えて動画も登録できるため、自分だけの魅力を伝えることができます。高校生らしい雰囲気を伝えれば、モテ間違いなしです。

また男性の月額料金が14,800円と高いため、富裕層パパと出会えます

\ 最近人気の新規パパ活サイト /
Love&
公式サイトを見る

▼Love&について詳しくはこちら

パパ活サイトLove&(ラブアン)とは?口コミ・評判評価・使い方など徹底解説


パパ活サイトLove&(ラブアン)とは?口コミ・評判評価・使い方など徹底解説

老舗サイトで安心の SugarDaddy(シュガーダディ)

sugardaddyを無料ダウンロード
運営シナプスコンサルティング(株)
料金【女性】無料
【男性】5,980円/月
年収証明あり
特徴予定が合う相手と
優先的にマッチング
URLhttps://sugardaddy.jp/
Sugar Daddyのおすすめポイント
  • 知名度が高く会員数が多い
  • 年収証明を提出しているひとが多数

シュガーダディはパパ活サイトの中でも古くからあり、知名度の高いサイトです。知名度が高いぶん会員数も多く、お金持ちパパを見つけやすいです。

年収証明を提出している男性が多いのも特徴で、確実にお金持ちの男性と出会えます。

\ 王道の老舗パパ活サイト /
Sugardaddy
無料登録する

▼sugardaddyについて詳しくはこちら

パパ活サイトシュガーダディー(SugarDaddy)とは?口コミ、評価・評判をパパ活女子が解説


パパ活サイトシュガーダディー(SugarDaddy)とは?口コミ、評価・評判をパパ活女子が解説

▼Cinderella編集部おすすめのパパ活アプリはこちら

パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】


パパ活女子337人に聞いた!おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキング【2020年最新】

高校生におすすめのパパ活アプリをご紹介しましたが、18歳以上でも高校生のパパ活にはリスクがあることを忘れないでください。そこで、高校生パパ活のリスクを解説します。

JK(女子高生)がパパ活をするときのリスクとは

高校生がパパ活するときは、次のリスクがあります。リスクを知ったうえで、自己責任でパパ活しましょう。

  • 学校や保護者にバレる可能性がある
  • 危険な目に遭う可能性がある
  • 警察に補導される

学校や保護者にバレる可能性がある

パパ活をしていることが学校にバレると、軽くて厳重注意や停学、最悪の場合は退学処分になる可能性があります。

また保護者にバレた際、親がパパ活の被害届などを出せば、相手の男性(パパ)が逮捕されることも。自分で責任を取れない未成年のうちは、周りの人を巻き込む可能性を考慮して行動しましょう。

危険な目に遭う可能性がある

高校生は大人に比べたら、体も心も子供です。そんな高校生を狙って悪だくみをする人もいます。

18歳未満でもパパ活できるSNSでのパパ活は特に、性被害や誘拐事件などのトラブルが起きています。18歳になるまで、パパ活はおすすめしません。

警察に補導される

高校生や未成年が親ではない年の離れた男性といたり、夜遅く歩いていたりすると補導の対象です。また、ネット上には未成年のパパ活を防止するサイバーポリスがいます。

警察に補導されれば親や学校にもバレるため、補導は避けたいですね。

高校生のパパ活には、補導のリスクがあることを解説しました。今回、実際にTwitterのパパ活で補導されてしまった女子高生(当時17歳)にインタビューできたのでご紹介します。

【体験談】JK(女子高生)がSNSでパパ活をしていたら補導された!

Twitterでパパを募集するツイートをして、警察に補導されてしまったSさん(当時17歳)にお話を聞きました。

\ 私がお話します /
Sさん

──そもそもどうしてパパ活を始めたの?

Sさん
Instagramのハッシュタグに「#パパ活」っていうのがあるのを見て知ったのがきっかけです。こんな稼ぎ方があるのか!みたいな。

──どうしてTwitterでパパ活をしたの?

Sさん
実際にパパ活をしようと思ってやり方を調べたんですけど、アプリやラウンジは高校生は無理だってわかって。
Twitterには年齢制限もないし、実際に調べたらパパ活をしてる人がたくさんいたので、それでアカウントを作りました。単なる好奇心で、すごく軽い気持ちでした。

──Twitterでどんなふうにパパ活をした?

Sさん
Twitterのパパ活女子の真似をして、「パパ活/パパ活募集/p活/女子高生」みたいなプロフィールにしてました。たまに「パパ活しませんか?」みたいなツイートもしたけど、そんなに頻繁には活動してなかったです。

──会う前に警察って気づかなかったの?

Sさん
いきなりTwitterに男の人から「パパ活しませんか?」ってDMがきたんです。特にプロフィールもなくて、今考えたら怪しいアカウントだったけど、そのときはDMがきたのも初めてで「男の人から誘われるなんてラッキー!」くらいに思ってて、返信しました。

──いつ警察ってわかった?

Sさん
待ち合わせ場所で合流してすぐです。
DMで「歌舞伎町で会いましょう」ってなって。待ち合わせに普通の私服の男の人が来て「本当に会えるんだ!」って感動していたら、「実は警察なんだよね。ちょっと話聞かせてくれる?」って言われて。その時に初めて気が付きました。それでそのまま署まで一緒に行きました。

──学校や親にはバレた?

Sさん
学校にはバレなかったけど、親にはバレます
親が迎えに来てくれるまで帰してもらえないので、絶対バレます。もし親が来れない場合は学校に連絡がいくんじゃないかな。

──パパ活は続ける?

Sさん
いいえ!
親にはすごく怒られたし、警察署に拘束された時間も長かったし、散々だったので…。でも興味はまだあるので、成人したらまた考えます(笑)

警察が高校生のパパ活を取り締まるのは、危険から守るためです。自分も警察もめんどくさいことにならないように、パパ活は18歳を超えてから、もしくは成人してから始めるのが安全です。

JK(女子高生)は18歳以上であればパパ活できる

  • 高校生は18歳以上なら合法
  • 18歳未満のパパ活は違法
  • 18歳未満が隠れてパパ活できる方法は
    リスクが大きい
  • 高校生のお手当相場は高い
  • SNSでのパパ活は補導にきをつけて

18歳未満はパパ活が違法であるだけでなく、リスクも大きいです。安全に楽しく稼げるように、パパ活は18歳を迎えてからにしましょう。

18歳以上の高校生は、パパ活アプリでを利用するのがおすすめです。危険性は理解しながら、安全にパパ活しましょう。

卒業したらおすすめのパパ活アプリ
1
paddy67
paddy67
男性の平均年収1,000万円以上のハイクラスなパパ活専門アプリ
2
Love&
Love&
動画でアピールできる新感覚パパ活サイト
3
SugarDaddy
SugarDaddy
会える日付から相手を見つけられる王道パパ活専用サイト